恋愛情報『「自分の話」をされると…?男子学生が本命だけにする話3つ』

2021年6月10日 07:45

「自分の話」をされると…?男子学生が本命だけにする話3つ

学生時代と社会人になってからの恋愛は、やっぱり異なるんだとか。とくに学生時代は周囲の人間関係も気になって、思ったように恋愛ができないこともあるかもしれません。

そんななかでも男子学生は、気になっている子に対して頑張ってアプローチをしているはず。男子学生がどのような話をしていたら、脈ありだと思ってよいのでしょうか。

今回は「男子学生が本命だけにする話」を紹介します。

「自分の話」をされると…?男子学生が本命だけにする話3つ


■ 子どものときの思い出

「好きな子相手だと、『小学校のとき、リレーで転んでさ~』とかどうでもいいことまでペラペラしゃべっちゃう。いろいろ知ってほしくて」(21歳男性/大学生)

子どものときの思い出を語るのは、男性が武勇伝を語りたくなってしまう気持ちと、少し近いのかもしれません。

「好きだからこそ、昔の俺も知ってもらいたい!」と思っているのでしょう。

彼が昔の話をし始めたら、あなたも幼少期の思い出話をしてみましょう。より密接になれるかもしれません。

■ 自分のコミュニティやサークルの話

「昔女友達にバイト先(飲食店)を教えたら、夕方の忙しい時間に友達10人くらいを引き連れて食べに来たことがあった。店でも大騒ぎされるし、俺もかなり恥ずかしくて……。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.