恋愛情報『本当はかまってほしいのに…男性が彼女に見せた「愛情不足サイン」』

2021年7月19日 20:00

本当はかまってほしいのに…男性が彼女に見せた「愛情不足サイン」

仕事や趣味など、恋愛以外のことが忙しくなると、なかなか彼ばかりを優先できないものです。

でも関係を長続きさせるためには、彼の「愛情不足サイン」に気づくことも大切。

今回は、男性がかまってほしいときに見せるサインを3つご紹介します。

本当はかまってほしいのに…男性が彼女に見せた「愛情不足サイン」


■ スキンシップを避ける

「同棲中の彼氏がいるんですけど、私の飲み会が続いたり仕事で朝早い日が続いたりで会なかなかゆっくり過ごす時間がとれない時期があります。

そんなときは、彼も愛情不足を感じるみたい。ハグしようとすると、拗ねた顔でやんわり避けたり、頭を撫でようとすると嫌がる顔をしたり、スキンシップを拒んできます。

『もう!ゆっくりできなくて私も寂しいんだよ!』と怒り口調で伝えちゃいますね」(28歳/イベント関係)

本当はかまってほしくても、すねてスキンシップを拒絶することもあります。

そんなときは、「私も寂しいと感じている」ことをしっかり伝えて、話し合いを持つことが大切です。

■ 明らかに不機嫌になる

「年下の彼氏からの愛情不足サインは、不機嫌になること。

こっちから話しかけてもぶっきらぼうな返答になったり、電話で不機嫌な声だったりと、分かりやすくて(笑)。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.