共感できる? デート前に彼にイライラ。あなたがやりたいことって?

これはきっと、著者だけではなく多くの女性にも言えると思うのですが、二人で遊ぶことが決定なら、男性側はただむやみに提案するのでは女性をイライラさせてしまうだけです。アクティブ系なのかインドア系なのか、遠くに行くのか近場で遊ぶのか、まずはその大枠をきめてから提案を進めるのも一つの賢いデートの決め方です。

でも、結局その後「やっぱりこっちの方がよくない? 」「でもここだと遠いからあっちにするか? 」と意見を二転、三転させると、またまた女性のイライラが募ります。

場所が決まらないから、会う時間も一向に決まらず、最終的にせっかちな著者はイライラが募り、彼との予定をキャンセルしてしまいました。こんなデート前のイライラが原因で喧嘩、最悪の場合には話がこじれて別れてしまうことになるかもしれません。

異性をデートや遊びに誘いたい時、一番大事なのは「自分が何をしたいのか」ということを事前に伝えることだと思います。男性と女性は価値観も考え方も根本から違うのですし、結局デートとなれば、しかも回数を重ねれば重ねるほど、どちらかが妥協をすることは確実です。

だからこそ、特に男性は優柔不断な行為は関係を長く続けるにはご法度といえます。
「俺は○○がしたい」と、芯がしっかりと決まっていれば、後々のトラブルの避けられる場合も多いと思います。たとえその希望がかなわなくとも、彼女の妥協ポイントもうかがい知ることができますし、別の予定を二人でたてやすいですね。

「男ならリードすべき」これはあくまで著者の持論ですが、でもリードというのはアイデアを出すだけではなく、相手をうまく導いてあげること、とも言えます。「案を出す」だけが「リード」ではないのです。

女性側も「丸投げ」とならないように譲歩しましょう。 また、うまくリードされるように、そのためには無駄なイライラは禁物です。彼も毎回あなたのハートをズバリと射抜くようなプランは立てられません。

全く逆の状況で、あなたがデートプランを決めている場合でも、あちらこちらとフラフラと意見を変えたりせず、うまく相手を「リード」できるようになれば、デート前のイライラも軽減できるはずです。


あなたも誰かをデートに誘う際、いま一度考えてみてください。「あなたが今、したいことはなんですか? 」


新着まとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧 上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.