2015年4月14日 18:00|ウーマンエキサイト

「おねだり」と「ワガママ」の境界線は? 誰でも可愛くおねだりできる小悪魔女子になるコツ

RUREI
ライター
RUREI
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
■男性に「可愛いな」と思わせる「おねだり」をするには?まず意識してもらいたいのは表情です。傲慢な態度だったり「当たり前でしょ」という表情をしていると、それだけでワガママだと思われてしまいます。男性に「可愛いな」「助けてあげたいな」と思わせることができれば、それはおねだりになるため、シチュエーションによって巧みに笑顔や困った表情を使い分けてくださいね。あなたも魅力的な小悪魔女子の仲間入りです!

■絶対にやってはいけないワガママとは?絶対にNGなのが、どう考えても無理なお願いをしたり、ワガママばかりをいい続けること。相手のことを全く考えないで、自分本位なことばかりをいっていると、「どれだけワガママなんだよ」と思われても仕方ありませんよね。逆に「小さなワガママ」は男性にとっておねだりになりやすいです。小さい子どもがママやパパにおねだりしているようなイメージを持っておくと、どんなお願いがおねだりなのか、ワガママなのかを判断しやすいと思います。

おねだりとワガママの境界線は、相手に与える印象によって大きく左右するということがわかったのではないでしょうか? 相手に不快感や圧迫感を与えたり、負担を感じさせたりするのなら、それは可愛げのないワガママだということ。

相手逆の立場になって考えて、「これはワガママだ」「これならおねだりね」と自分なりに判断するようこころがけると、相手に悪い印象を与えずに済むでしょう。また、おねだりを受け入れてもらったときには、感謝の言葉や態度も忘れずに! そういうことが自然にできる女性は、男性から好感を得られるはずですよ。

RUREI
RUREIの更新通知を受けよう!
確認中
RUREI
RUREIの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
RUREI
RUREIの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
RUREI
RUREIをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
RUREI
RUREIの更新通知が届きます!
フォロー中
RUREI
RUREIの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.