2018年12月17日 12:00|ウーマンエキサイト

いつも寂しいクリスマスや記念日。男性の気持ちがわかりません!

 「男性の気持ちは?」と題する投稿が、掲示板サイト「発言小町」に寄せられました。トピ主さんは交際半年になる1歳上の恋人がいる、30歳代前半の女性。しかし彼は忙しく、クリスマスやバレンタイン、誕生日などに会えなかったり、会えたとしても「特別に高価な食事、外食もなく」、「プレゼントを後日買いに行こう」という約束も流れてしまったり、ということが続いているそうです。

「特別な日にひと言、相手のことを思ってメールや電話ができない」理由は、自分への気持ちが無いからか……とトピ主さんは悩み、「こういった悲しさ、不安や不満が起きてる時点で(彼との交際は)難しいのでしょうか?」と問いかけています。

目次

・彼のよさを知っているなら、「そういう人」と受け入れるのもひとつ
・彼にこだわりが薄いなら、価値観の近い相手を探したほうが幸せかも?
・互いの違いを受け入れ、ポジティブな感情を伝えていこう
・おわりに
いつも寂しいクリスマスや記念日。男性の気持ちがわかりません!

©beeboys


彼のよさを知っているなら、「そういう人」と受け入れるのもひとつ

まず、記念日をどの程度大切に思うかは、人によってかなり差があります。一般的には女性のほうが記念日を大切にする傾向はありますが、そうではない女性からの投稿(URL)は発言小町内にも見られます。女性でも記念日を特別視しない人もいることは理解しておくといいでしょう。

状況から察するに、彼は記念日やイベント全般にあまり興味がない様子。一方で、「空いた時間で、会いに来てご飯や疲れがないときは外出したりもします」とのこと。デートの機会は設けており、トピ主さんとの交際を全く重んじていないわけではなさそうです。「忙しい中、時間を割いて会いに来ること=愛情」と受け止められるならば、何ら交際上の問題は起きていない、という捉え方もできます。

「彼はそういう人(記念日に興味がない人)なのだな」と相手の人となりを受け入れることも、ひとつの愛情の形。それ以外の彼のよさや魅力をしっかり自覚できているならば、それ以上の過剰な期待は捨て、“そういう彼”と心地よく付き合っていく方法を探るのも、ひとつの懸命な方法です。

彼にこだわりが薄いなら、価値観の近い相手を探したほうが幸せかも?

しかしながら、絶対にそうしたほうがいい、という話ではありません。言葉は厳しいですが、記念日で揺らぐくらいの“好き”ならば、それほど彼を特別な存在とは思えていない可能性も感じます。

「お互いいい年齢なので、出会いは大切にしたい」とのことですが、このままでは付き合い続けたところで、不満ばかりになってしまうかも。それならば今の時点で見切りをつけるのも、ひとつの選択。世の中には、トピ主さんと同様、記念日を祝うのが好きな男性もいますし、近い価値観の相手を探したほうが幸せを感じられるかもしれません。

互いの違いを受け入れ、ポジティブな感情を伝えていこう

「いや、彼とは付き合い続けたいし、記念日も諦めたくない!」という強い気持ちがあるならば、今後は“感情の表し方”を変えていくのがおすすめです。

「好きな相手が喜んでくれるなら、苦手なことでも少しは頑張ってみよう」という気持ちは、個人差はあれ、多くの人の心にあるものです。しかしトピ主さんは今まで、記念日に会えたときでも「寂しい、怒り、悲しい」などの不満アピールしかしておらず、それが悪循環を生んでいるようにも感じました。

仮に、彼がラグビー観戦が大好きだとして、トピ主さんは興味はないものの「彼のために」と思って同行したとします。しかし彼が「もっと盛り上がりたかったのに、楽しくなさそうだった」と不満をぶつけてきたらどうでしょうか。「じゃ、もう二度と付き合わない!」なんて嫌な気持ちになりませんか?

逆に「俺の好きなものに付き合ってくれてありがとう、うれしかった」と言われたら、「また行ってあげよう」「少しくらい、私もルールを勉強してみようかな?」なんて優しい気持ちにもなれそうですよね。

「こうしてくれるのが当たり前」ではなく、相手が自分に寄り添ってくれることに感謝の気持ちを持てると、人間関係は好循環に向かいやすいです。

まずは、「私は記念日を大切にしたいタイプで、でも彼はそうではないようだ」という前提を受け入れること。その上で、「一緒にお祝いして、あなたとの思い出を作りたい。それができたら、私はとても幸せな気持ちになれる」ということを丁寧に伝えていきましょう。そして本当に付き合ってくれたときは、何度でも喜びと感謝を伝えることをおすすめします。

おわりに

投稿のタイトルは「男性の気持ちは?」となっていますが、男性というよりは「その彼」がどういう人で、どういう考えを持っていて、今どんな気持ちになっているか……をしっかり見ていくようにすると、満足な交際にしていくヒントも見えてきやすいです。

悲観的にならず、今ある状況から自分の未来を良い方向に向かわせるには、どうするのがベストなのかを、ぜひ落ち着いて考えてみてくださいね。応援しています。
(外山ゆひら)

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.