2019年3月11日 12:00|ウーマンエキサイト

彼氏の怪しいLINEを見てしまった…。私はキープなのでしょうか?

「彼氏の真意について」と題する投稿が、掲示板サイト「発言小町」に寄せられました。26歳のトピ主さんは最近、交際1年になる彼氏が元カノをご飯に誘っている内容のLINEを見てしまったそうです。「結局これって私は彼のキープってことですよね? それとも私は遊び相手か何かなのでしょうか?」と問いかけています。

目次

・「見てしまう」ことで、自分自身が失うものもある
・“被害者”にならず、今後の方針を決めよう
・「自分たちの関係強化」が最大の武器に

彼氏の怪しいLINEを見てしまった…。私はキープなのでしょうか?

Anna Berkut


「見てしまう」ことで、自分自身が失うものもある

LINEを見るまで、トピ主さんは二人の関係に問題を感じていたわけではなかったようです。告白をしてきた時の彼は真剣に見えたし、結婚前提とも言ってくれているし、イベントの時はプレゼントをくれるなど喜ばせてくれる……といった記述も見られます。

今回のことでよく実感できたかと思いますが、他人のプライベートなやりとりを見る場合には、相応の“覚悟”が必要。「彼の人間性をしっかり見極めて、伴侶にふさわしいか判断したい」「嘘や悪事を暴いて、別れの決心をしたい」といった気持ちで行動するならば話は別ですが、そのような覚悟がないまま見てしまうと、自分自身を大いに苦しめることになります。

見てしまったら、見る前には戻れません。どんなに見なかったふりをしようと思っても、心に黒いものを抱えてしまいますし、「詮索」という行動によって信頼関係に溝ができてしまう可能性もある。結果、二人の交際がうまくいかなくなる大きな原因と成り得てしまいます。

恋人のプライベートが気になる気持ちはよくわかりますが、詮索行動をする場合は、必ず事前に「もし不誠実なやりとりを見つけたら、自分はどうするのか」を考えておくこと。実際にそうした事実を目にしたときに「つらいけど、結婚を決める前に真実を知れてよかった」と思えそうならば、行動しても後悔は少ないでしょう。

そうした覚悟ができない、あるいは現状の関係に満足していて手放したくないと思うならば、自分の手を汚してまで詮索はしない、という選択もあります。自ら暴くような行動はせず、しかし「もし不誠実な相手だと分かったときには、迷わず別れる」と決心しておく。「自分が幸せな状態でいられること」を何よりも大切にする……という行動指針もあるとぜひ覚えておいてくださいね。

“被害者”にならず、今後の方針を決めよう

とはいえ、元カノを誘っている彼の態度を正当化しているわけではありません。トピ主さんが今後取れるスタンスとしては、以下3つの選択肢があるかと思います。

1)「自分は本命なの?キープなの?」と不安を抱えたまま、付き合い続ける

2)彼に対して「不誠実な態度を改めなければ別れる」と意思表示をする

3)「元カノには振られるだろうし、いざとなればこちらから去ればいい」と肝を据えて、泰然と様子見をする

悲しい気持ちになるのは当然ですが、1のように自分を可哀想な立場だと捉えて悲観的にならないよう、どうか踏ん張ってほしいなと思います。“被害者”になっても、状況が良くなることはありません。詮索したことを責められたとしても、2のように毅然と「勝手に見たのは悪かったけど、不誠実な相手とは一緒にいられない」とトピ主さん側が主張してもいいわけです。

あるいは3の選択肢もあります。元カノは彼の誘いを無視しているようですし、復縁の意思もなさそうな状況。「元カノへの未練を引きずっていたものの、結局うまくいかず、時間とともに新しい彼女との愛情が深まっていき、最終的に結婚した」といった実例も知っています。

「どうせ私から離れられない」「他に行くところなんてないはず」くらいにドンと構えられるならば、様子見をしてみるのもひとつ。あまり長くフラフラしている様子であれば、友達なども巻き込みつつ釘を刺すか、私を軽んじることは許さないという意思を”態度で”伝えていくのも一案です。

「自分たちの関係強化」が最大の武器に

元恋人や新しく知り合う異性など、交際中も誘惑は色々とありますよね。牽制したり、相手の言動を束縛したりして防げるものも多少はありますが、別々の人間である以上、相手を縛ることには限界があります。

それよりも「自分たちの関係を強固にしていくこと」に注力したほうが、いい結果が得られることもしばしば。「この相手と過ごす時間が一番楽しくて、有意義で、幸せだ」と感じ合えるほど、自然にそちらに足が向き、他の異性が色褪せて見えてしまうことも多いように思います。

彼の不誠実な態度が判明した以上、「私を不安にさせるような恋人は要らない、誠実に私だけを愛してくれる人を探す!」と決心する選択もありますが、もし今後も彼と交際を続けようと決めるならば、「自分たちの関係強化」についても今以上に尽力してみることをおすすめします。応援しています。
(外山ゆひら)

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.