2019年8月19日 12:00|ウーマンエキサイト

「おごって」「お金ちょうだい」と頻繁に言う彼氏。嫌いになりそうです…!

「奢ってと冗談を言う彼氏」と題する女性からの投稿が、掲示板サイト「発言小町」に寄せられました。

交際2か月になる1歳下の恋人がいるトピ主さんですが、その彼が時折、「奢って」「罰としてお金ちょうだい」などと“お金の無心”のようなメッセージを送ってくることに悩んでいます。トピ主さんは「冗談とは思っていても、言われる度にヒモ狙いなの?とショックを受けてしまう」「このまま続けば嫌いになってしまいそう」と心境をつづり、この先どうすればいいかアドバイスを求めています。

目次

・話題が出る=お金のことが気になっている証拠!?
・彼の中に“満たされていない感情”があるのかも
・話し合いでは、「自分の気持ち」を中心に伝えよう

「おごって」「お金ちょうだい」と頻繁に言う彼氏。嫌いになりそうです…!

©stcom - stock.adobe.com


話題が出る=お金のことが気になっている証拠!?

彼が「奢って」と言ってくるのは、掃除機やプリペイドカード、競馬代など、「なんで(それを私が)払わないといけないの?」と思うようなものばかりなのだとか。最初は冗談だと思わず「買おうか?」と返事したところ、彼は「なんかヒモみたい、いらないいらない」と断ってきたそうです。

食事やデート代ならば冗談だと思わず払うし、割り勘も考える……とトピ主さん。実際、デート代は3、4回に一度「ここは私が」と自分から出しており、彼から「出して」などと言われたことはないそうです。デートのときの彼は、「こんなに尽くされてもいいのかな」と思うほどに紳士的で、思いやりもある。そのギャップもあってか、トピ主さんは彼の“お金を無心する”発言が気になってしまうようです。

お金の話題が頻繁に出てくる以上、彼の意識が少なからず「お金」に向いていることは間違いないでしょう。とはいえ、言葉のまま「トピ主さんに奢ってほしい」という単純な話ではない可能性も。

本気で奢られそうになったら拒むし、デート代を出してくれる頻度も多いし、払ってとも言ってこない。もしかしたら、彼には「男としてのメンツもあるし、かっこよく思われたいけど、本当はそんなに余裕があるわけじゃない」といった葛藤があり、ついついその心情が漏れ出しているのかもしれませんね。

さらに深読みをするならば、トピ主さんの懐事情や金銭感覚を知りたい気持ちがあり、そのせいで自然とお金に関する話題が口をついて出てしまう……なんて可能性も考えられるでしょう。

彼の中に“満たされていない感情”があるのかも

心理的な推測をするならば、「カッコよく思われたいけど、本当は甘えたい」「背伸びをしている自分に気づかれたくないけれど、褒めて労ってほしい気持ちもある」等々の相反する気持ちを抱えているために、発言と行動が矛盾してしまう、という理由も考えられます。もしそうならば、彼が本当に満たされていないのは、実は“お金”の面ではなく「トピ主さんを喜ばせようと頑張っている自分」を評価してほしい、という“気持ち”のほうなのかもしれません。

トピ主さんが毎回、素晴らしいデートだと感じているということは、おそらく彼はデートのためにとても頑張ってくれているのでしょう。それに対しての感想や喜び、感謝などをトピ主さんが今以上にどんどん伝えていくようにすると、彼の気持ちが満たされ、お金のことで甘えるような発言も少なくなっていくこともあるかもしれませんね。

話し合いでは、「自分の気持ち」を中心に伝えよう

その後の投稿で、「次言われた時ショックを受けている事伝えてみようと思う」と決意をつづっているトピ主さん。きちんと話しあってみるのは良案ですね。ただ、お金のような繊細なテーマについて話す際には、少しご注意を。

一番のおすすめは、「あまり良い気分がしないから、そういう発言はやめてほしい」などと“自分の気持ち”だけを伝えることです。「ヒモみたいな発言はしないで」「お金が苦しいならデート代は出すけど、私に関係ないお金を払うつもりはない」などと言ってしまうと、彼は完全にへそを曲げてしまい、元の関係に戻れなくなってしまう可能性も。

トピ主さんがもし「男性に甘えられるのは嫌い」「お金や感謝を求めてくる性格の人には付き合いきれないかも」などと感じ始めているならば、思っていることをハッキリ言ってみるのもひとつです。しかし、あくまで「交際は続けたい、この発言だけをやめてほしい」ということならば、できるだけ言葉は丁寧に選び、あまり彼への“攻撃”にならないよう、「そういう類の発言を聞くと困ってしまう、いい気分がしない」ということだけをまずは伝えてみるといいでしょう。

交際2か月となれば、そろそろ相手の素顔も見えてくる時期。“デートで素晴らしく尽くしてくれる彼”だけではない一面を見たとき、それを受け容れて一緒にやっていこう、と思えるかどうか。うまく不満を溜めない関係性を作り、気持ちよく足並みを揃えていける相手かどうか――。今回の件を通じて、少し見えてくるものもあるかもしれません。ふたりの“本当の距離”を縮めるきっかけとなるといいですね。応援しています。
(外山ゆひら)

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.