2019年12月2日 12:00|ウーマンエキサイト

“趣味ナシ人間”ではダメなの? いつも恋愛に没頭してしまいます

「私には趣味がないから彼氏で頭いっぱいになるの?」と題する投稿が、掲示板サイト「発言小町」に寄せられました。

交際8かヶ月になる彼が「趣味や友達優先すること」への不満が拭いきれない、という20代半ばのトピ主さん。不満から別れ話を告げたところ、「お前には夢中になれる趣味や仲良い友達がいないから理解出来ないんじゃないのか」と言われてしまったそうで、「彼氏のことで頭がいっぱいになるのはそんなにいけないことでしょうか?」と問いかけています。

目次

・「別れてもいい」と思える相手なら、こだわる必要はないかも
・互いの生き方を尊重できないと、関係は続かない
・核心を突かれた=変われるチャンスかも

“趣味ナシ人間”ではダメなの? いつも恋愛に没頭してしまいます

「別れてもいい」と思える相手なら、こだわる必要はないかも

彼の指摘どおり、トピ主さんは確かに「昔から彼氏ができたらそのことで頭がいっぱいになるタイプ」で、以前、親友からも「彼氏の話ばかり」「部活や友達のことはもういいの?本とか読まないの?」などと指摘されたことがあったとか。核心を突かれた感じもして深く傷ついた……とつづられています。

これまでも「趣味や友達優先にするなら別れて」と何度か伝えており、そのたびに彼から「好きだし大切にしている」と言われ、思いとどまってきたとのこと。このまま何もしなければ、また同じことを繰り返すだけのように思います。(A)「彼と別れて、自分と近しい価値観の相手を探すか」(B)「彼とうまく付き合うために自分も変わるか」のいずれかの道を考えてみてはいかがでしょうか。

(A)から説明しますね。投稿内に「別れたくない」という記述は一切見られませんし、今まで何度も「私を優先してくれないなら別れる」と言ってきた。ということは、トピ主さんにとって「自分を優先してほしい」という気持ちは、「彼と別れたくない」という気持ちより大きい……ということですよね。

そう考えれば、今の彼にこだわる必要はないのでは? 気持ちが強くないならば、別れることもそう難しくはないはずです。「もっと私に時間やお金を割いてくれる相手がいい」という基準で別の相手を探したほうが、満足いく交際ができる可能性はあるでしょう。

相手のどんな行為に愛情を感じるかは、人それぞれ違います。トピ主さんのように「自分に時間を使ってくれること」を愛情と感じる人もいれば、「自由な時間を与えてくれること」を愛情だと感じる人もいます。二人はもしかしたら、その相性が合っていないのかも。自分と同様、「恋人がいれば、趣味も友達づきあいも必要ない」というタイプの男性を探してみるのも一案です。

互いの生き方を尊重できないと、関係は続かない

続いて、(B)について。今の彼とやっていきたいと思うなら、「社交的で趣味も多い」彼の生き方(価値観)と、「いつもデートしたい」という自分の価値観の間で、折り合えるポイントを見つけることが必要です。「仕事以外の時間は全部私に使って!」という要求は諦める、ということですね。今のように別れ話を盾にして要求をぶつけあっていれば関係は悪化するばかりでしょうし、その前にお互いに歩み寄り、「これくらいならOK」という妥協点を見出してみてはいかがでしょうか。

現在は週に1〜2回会っていて、時々は遊園地デートや一泊旅行にも出かけているとのこと。それで不満ということならば、週3回会えば満足なのか、もっと外出したいのか、あるいは元気がないときに側にいてほしいのか、レジャーなどで一緒に遊んでほしいのか、仕事帰りの時間を一緒に過ごしたいのか……等々。どのくらい会いたいのか、どういうときに側にいてほしいのかについても、具体的に考えてみましょう。

それを彼に提示し、彼の考えもしっかり聞いた上で、「そしたら今後はこうやって会っていこう」と具体的に約束をする。約束をした後は、双方がそのラインをきちんと守っていくことも肝心です。

核心を突かれた=変われるチャンスかも

投稿には、「将来を見据えて付き合っているのに相手に対して時間もお金もさけないなんて私からすると信じられません」という一文も見られますが、四六時中、一緒にいることがイコール、将来を見据えて付き合うということになるのかといえば、それは少々疑問です。生涯のパートナーとなるためには、「お互いの生き方を尊重でき、お互いのために譲歩もできる関係を築くこと」が最も重要と言えるでしょう。

見方を変えれば、今回の件はチャンスとも言えます。彼の言葉に「核心を突かれた」ということは、トピ主さんにも思い当たる節があったのでしょうし、これを機に、恋愛との向き合い方を変えてみよう、とトライしてみるのも一案です。

「彼氏のことで頭がいっぱい」だとしても、そのエネルギーを恋愛以外のものにも向けてみてはいかがでしょうか。それは必ずしも、趣味や友達づきあいである必要はありません。遊びに興味がないならば、資格取得や副業、投資など実益のある時間の使い方もありますし、「彼と一緒に豊かに生きていくための目標」を立てて、それにエネルギーを注いでみるのもおすすめです。そうしているうちにトピ主さんは今以上に魅力的になり、彼のほうが「自分の時間を削ってでも一緒にいたい」と自発的に努力し始める可能性だってあると思います。

彼と別れ、常に一緒にいられるような相手を探すのもひとつの選択ですが、彼との未来を望むならば、上記もぜひ参考にしてみてくださいね。応援しています。
(外山ゆひら)

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.