恋愛情報『好き、でも。交際がどんどん「ダメな方向」に向かっているサイン』

好き、でも。交際がどんどん「ダメな方向」に向かっているサイン

2018年3月7日 11:00
 

目次

・■他のカップルと「比べてばかりいる」
・■「どうせ変わらない」と諦めてしまう
・■お互いに「勝手に思い込む」
・■簡単に「別れ」を口にする
・おわりに
好き、でも。交際がどんどん「ダメな方向」に向かっているサイン


大好きな彼氏と付き合っていて、お互いに愛情があったとしても、ふたりの恋愛自体が「ダメな方向」へと向かっていってしまうようなときもあります。

そういった状態にあることに早めに気がつかないと、そのまま別れへとつながっていく可能性も高いでしょう。

そこで今回は、交際が「ダメな方向」に向かっているサインについて紹介します。

■■他のカップルと「比べてばかりいる」

自分が幸せな気分にあったり、心が満たされているような状態のときは、あまり他人と比べたりするようなことはしないもの。周囲をうらやんだり、他のカップルと比べたりしてしまうのは、自分たちカップルの現状にどこか不満や不安、寂しさなどを抱えているからでしょう。

ただ、「隣の芝生は青く見える」なんて言葉もあるように、比べようとしたりすると、どうしても他のカップルの方が楽しそうで幸せそうに見えてしまいやすいです。

しかし、カップルの不満と言うのは、第三者から見て、そうそう目に見えるわけではありません。他のカップルが幸せに見えるに決まっています。自分が抱えている「ちょっとした不満」も、大きな問題のように感じてしまうでしょう。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.