恋愛情報『本当に恋に駆け引きは必要ですか?』

本当に恋に駆け引きは必要ですか?

2018年3月27日 11:00
 

目次

・駆け引きの定義について
・幸せな恋愛にとって駆け引きは必要不可欠なことなのか?
・振り向いてもらうための恋愛は疲弊する
・その人を好きになったことにもっと幸せを感じよう
本当に恋に駆け引きは必要ですか?


ある恋愛相談に乗った時の話です。相談者さんは僕に「恋愛において駆け引きができない私は恋愛レベルが低い。この小学生レベルの恋愛をなんとかしたい」と言いました。

僕はこれを言われた時に困ってしまいました。なぜなら僕の頭の中には「恋の駆け引きが上手であること」=「恋愛がうまくいくこと」という図式がないからです。

僕には「恋の駆け引きなんかできなくたって、十分に幸せな恋愛ができる」としか思えないのです。

■駆け引きの定義について

まず「駆け引き」と一言に言っても、何を恋の駆け引きとするのかが人によって違うので、僕の考える恋の駆け引きについて定義したいと思います。

駆け引きとは「交渉・談判や試合などで、相手の出方や状況に応じて、自分に有利なように事を運ぶこと。また、その術。」(コトバンクより引用)のことを指します。

それをそのまま恋愛に当てはめるのであれば、恋愛の駆け引きは「自分の好きな人が、自分に好意を持ってくれるように取り計らうこと」だと定義できるでしょうか。

■幸せな恋愛にとって駆け引きは必要不可欠なことなのか?

多くの人は好きな人に好きになってほしくて恋の駆け引きをします。

ですから当然、好きな人に好きになってもらうための術を心得ていること=恋の駆け引きが上手であること=恋愛がうまくいくことという図式が出来上がるわけです。

ただ、ここで立ち止まって考えてほしいのですが、好きな人に好きになってもらうことって、恋愛をする上でそこまで重要な要素でしょうか?僕はそこに疑問を感じるのです。

確かに、自分の好きになった人が自分のことを好きになってくれるなら、これ以上の喜びはありません。逆に、相手が自分のことを好きになってくれないのであれば、その恋愛は失敗だと思いたくなる気持ちもわかります。

しかし、しかしです。

恋愛において最も価値があるのは、相手があなたを好きになることではなく、「あなたがその人を好きになったこと」ではないのでしょうか。

心が奪われるぐらい人を好きになった、そのこと自体がものすごく価値があることであり、そう思えるだけの人に出会えたこと自体がとても素晴らしいことだとは思えないでしょうか。

■振り向いてもらうための恋愛は疲弊する

相手に好きになってもらおうとすることは、相手をコントロールしようとすることとイコールです。そしてそれは「自分のため」の恋愛をしていることに他なりません。

冒頭の相談者さんのように、相手に振り向いてもらうためにあれこれ試行錯誤しようとすると、結果うまくいけばいいですが、うまくいなければとても疲れてしまいます。

結果、恋に自信が持てなくなったり前向きになれなくなったりするのです。

■その人を好きになったことにもっと幸せを感じよう

本当に「相手のため」の恋愛をしようとするなら、相手の気持ちを引こうとアレコレするのではなく、ただのその人のことを好きになったことを伝え続けることぐらいしか、僕たちにできることはないのです。

それで結果結ばれるかどうか、それはこちらがコントロールできないことなのです。

であればいっそのこと、好きになった人に好きになってもらおうとすること、つまり恋の駆け引きをやめ、誰かを好きになったこと、それ自体にもっと幸せを感じたらいいのではないでしょうか。

小学生レベルの恋愛を抜け出したい?小学生レベルで大いに結構。

恋の駆け引きをしようなどと思いもしない、純粋な好きという感情を持てること。そのほうがよっぽど人生を豊かにするし、そのほうがよっぽどレベルの高い恋愛をしていると、僕は思うのです。(川口美樹/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.