恋愛情報『「LINEは長く続くから脈アリ」判定はキケン!彼の本音とは』

「LINEは長く続くから脈アリ」判定はキケン!彼の本音とは

2018年4月1日 17:00
 

目次

・■誰かといつも繋がっていたい寂しがり屋
・■愚痴や弱音も言ってくる
・■「脈アリ・脈ナシ」を見極める方法
・■さいごに
「LINEは長く続くから脈アリ」判定はキケン!彼の本音とは


こんにちは。沙木貴咲です。男性の多くはLINEやメールをマメにしないといいます。だからこそ、LINEの頻度が高い=本気度が高いと分かる、というような恋テクもあるようです。

でも、マメにLINEをする男性だって、いないわけじゃありません。夜でも朝でも絡みたがったり、本当に他愛もないことを送ったりする人もいるんですよ。そういうタイプの男性は、どのあたりで「脈アリ・脈ナシ」を見分ければいいんでしょうか?

■■誰かといつも繋がっていたい寂しがり屋

LINEが好きな男性とは、つまり寂しがり屋さんです。ツイッターやインスタをよく更新するタイプにも同じことがいえますが、いつも誰かと繋がっていたいし、一人でいることを持て余しているのでしょう。

そのため、このタイプの男性には、「用がある時しかLINEしない」という世の常識は当てはまりません。メッセージの内容もちょっと女子っぽいところがあり、スタンプや顔文字も多用するようです。

女性からすれば、朝でも夜でも気を遣わずLINEができる男性は、リアクションも早く、純粋にコミュニケーションが楽しい相手と感じるでしょう。友達や仕事仲間として知り合ったとしても、密なやり取りを続ける中で好きになる確率も高いといえます。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.