恋愛情報『「付き合う」はゴール?スタート?長続きに必要なこととは』

「付き合う」はゴール?スタート?長続きに必要なこととは

2018年4月2日 17:00
 

目次

・■付き合うとは、男性にとっては『ゴール』
・■恋人に対する考えの違い
・■ウザがられない彼女
・■飽きられない彼女
・■さいごに
「付き合う」はゴール?スタート?長続きに必要なこととは


こんにちは。沙木貴咲です。好きな人と晴れて恋人同士になれたとしても、付き合っていく中で「こんなはずじゃなかった・・・・・・」と感じることがあります。

付き合ったとたん、彼が素っ気なくなった。LINEの回数が減って、メッセージも前に比べると短くなった。

「私、大事にされていないのかも」と不安になる時、彼はいったい何を考えているんでしょう?そして、どうすれば最高に愛される状態を保てるのかを考えてみます。

■■付き合うとは、男性にとっては『ゴール』

女性は大抵、お付き合いが始まると愛情がさらに高まり、彼氏とずっと一緒にいたい願望が膨らんでいきます。「よし、ここから恋のスタートだ!」と思う人が多いはず。

一方、男性のほとんどは、好きな人を彼女にできたら、「あー、良かった!」と一段落ついてしまうんですね。マメにLINEや電話をしたのも、デートで気を遣っていたのも、恋を成就させるため。付き合うことはゴールであり、交際が始まると緊張感が薄れていってしまうでしょう。

それがつまり、“男は釣った魚にエサをやらない”ことの理由。お付き合いが長くなるほど彼女の扱いが雑になり、ラブラブ感は低くなっていくはずです。

■■恋人に対する考えの違い

個人差はあるものの、女性と男性では恋人に対する考え方が根本的に違います。女性にとって恋人とは、つねに刺激を与え合う、楽しい存在。一緒にいるだけでドキドキする、気分が高揚することが多いでしょう。けれど男性にとって恋人とは、心が休まる癒しの存在であることが多いんです。

そのため、付き合い始めの緊張感が薄れていくにしたがい、男性は彼女に対して気を遣わなくなります。彼氏からすれば、「彼女といる時だけがリラックスタイム」だったりするので、ダラダラするのも当然でしょう。お互いの理解が深まると、LINEでアレコレ送らなくたっていいだろうと考えるようにもなります。

けれど女性は、リラックスするだけの恋は物足りないはず。そのあたりが、男女の恋愛観の違いなんです。

■■ウザがられない彼女

男性が「彼女=癒しの存在」と考えていることを踏まえると、彼氏に多くを要求する女性は、やっぱりウザいと思われてしまいます。LINEをたくさん送ってほしい。いっぱい「好き」って言ってほしい。休みの日は絶対に一緒がいい・・・・・・。

リラックスできると期待していたのに、アレコレ要求されると、男性も「こんなはずじゃなかったのに」とガッカリしてしまいます。特に、「私のこと本当に好き?」と聞いたり、すぐに浮気をしていないか確認したりするのは、彼氏の心を自ら遠ざけるも同じ。

交際中でも不安が尽きない人は多いでしょうが、メンタルが不安定な女性は彼氏を疑いがち。そして、安心したいからこそ要求も多くなりがちになります。まずは、彼の言葉や態度を丸ごと受け止めて、信じてみてください。休日に一緒にいて、やさしくしてくれるなら、あなたが大好きだという証拠ですから。

そして、不安になっても疑いをそのままぶつけることはしないように。自分から甘えて、「好き」とささやいてみると、彼もきっと同じように気持ちを表してくれるはずです。

愛されたいなら、自分から愛する。それができれば、彼氏からウザいなんて思われることはありません。

■■飽きられない彼女

恋愛依存をするのは、男性より女性のほうが多いといわれます。男性は彼女がいても友達や同僚と飲みに行くし、自分の趣味を楽しむ時間を欲しがったりするものです。そんな彼に対して「私を一人にしないで!」とゴネるのは、恋心を萎えさせる元。やっぱりある程度のプライベートは尊重してあげるべきでしょう。

また、恋人同士は「好き」という気持ちだけでつながる、とてもはかない関係。長く付き合うほど、愛着は湧くものの飽きてくるのも事実なんですね。

そのため、自分一人の楽しみや交友関係を持って、魅力をアップデートすることはとても大事です。彼氏ばかりと一緒にいるより、女子会に参加するとか、趣味仲間と遊びに出掛けるなどしたほうが、恋を長く続ける上では効果的でしょう。彼以外から刺激や情報を得ることで、つねに新鮮な魅力を示せるので、「飽きた」なんて思われないんです。

それに、男性には追われるより追いかけたいタイプが多いといわれますし、彼女が自分の知らないところで楽しそうにしていると、黙っていないはず。一緒に趣味を楽しみたがったり、嫉妬から彼女への気持ちがますます強くなったりするものです。

■■さいごに

恋愛観に個人差はありますが、男性は女性ほど恋を中心に生活していません。でも、女性ほどのめり込まなくても、彼女を大切に思う気持ちに変わりはないんですね。

そうした男性ならではの感覚を理解できれば、「私、粗末に扱われている」とは思わなくなるでしょう。彼氏と程良い距離感を取り、恋人関係は安定して続いていくはずです。(沙木貴咲/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.