恋愛情報『どんな恋でも純粋さがあればどうにかなる』

どんな恋でも純粋さがあればどうにかなる

2018年4月15日 23:20
 

関連リンク

・君に酔いしれたい♡男が”ドキムラ”する女子の「ほろ酔い仕草」4選
・彼との距離が”グッ”と近くなる♪男を惑わす魅惑の「モテLINE」って?
・理想に邪魔されがちな恋もいいよね


先日、とある女子(25歳)と話をしていたとき、彼女はこう言いました――恋愛にすごく悩んでいた頃は、ハウツー記事をよく読んでいたけど、最近はあんま恋愛に悩まないから読まなくなった、というか必要なくなった――恋愛のハウツー記事に、「読み始め」と「読み納め」がある女子もいるのだね。そういうの、はじめて知りました。

とまあ、いろんな話をしたわけですが、彼女は純粋さという言葉こそ口にしなかったけれど、彼女の話の端々(はしばし)に純粋さがにおっていたので、今回は恋愛と純粋さについてお話したいと思います。

こういうところでもないと、純粋さって言葉、あまり口にしないですしね。あなたがもし、人生とか純粋さという言葉を使って友達と気軽に話せていたら、あなたは「たいした人」です。

■■恋愛相談って誰にしますか?

さて、ちょっと前、Yahoo!に「恋愛相談って誰にしますか?」というアンケートの結果が載っていて、たぶん40代限定で答えていたんですが、トップは「誰にもしない」で、なんと8割くらいの人が誰にもしないと答えたそうです。

今40代くらいの人が20代の頃やっていた恋愛と、今の20代の人の恋愛って、なにがちがうかといえば、スマホがあるかないかのちがいくらいで、ほとんどなにもちがわないです。「もしもし電話」でデートの約束をしていたとか、ショートメールでやり取りしていたとか、そういうのがLINEに取って代わられたくらいで、なにも変わっていません。

その当時は、今のように恋愛コラムのサイトってありませんでした。もちろんこの『ハウコレ』もなかったです。ハウコレという言葉じたいがなかった。

では人々は恋に悩んだらどうしていたのかといえば、おそらく多くの人はラブソングを聴いていたと記憶しています。で、たとえばユーミンが恋愛の教祖みたいなポジションで(みたいなというか、本当に恋愛の教祖様と呼ばれていた)、ユーミンに恋愛相談したい人は、FMの彼女の番組に投稿していたわけです。

■■ちょっと口にするのが恥ずかしい

で、その番組を毎週欠かさず聴いていたわたくしの所見を述べるなら、ユーミンは恋愛のハウツーをほとんど語らなかったように記憶しています。切なさとかピュアな心とか、そういうのをリスナーと共有する番組だったように記憶しています。今、こんなにもたくさんの恋愛ハウツーの記事があって、しかもそれらを無料で読める時代で、ハウツーはもうすでにネット上でも、あなたの心の中でも飽和状態かもしれないなと思います。

なので、こういう時はどうすべき?とか、彼にこう言われたけどどうすべき?というソッコーで効きそうなハウツーじゃないものを、今ふたたび見直してみてはどうかなと思います。こっちが飽和しているということは、ほかのところがお留守になっているということだから。

ほかのところとは、あなたもわたくしもちょっと口にするのが恥ずかしい、純粋さとかピュアなハートとか、そういうものです。

■■純粋さがあるから、「わたし」でいられる

恋愛における最大の武器というか、恋愛を恋愛たらしめるものって、ピュアなハートなんですよね。ホントは。純粋さがあるから、「わたし」でいられるし、純粋さがあるから恋という旅をやってみたいと思えるってこと。

冒頭にご紹介した女子(25歳)は、ハウツーをたくさん実践してきたからか、生まれつきの性格なのか、なかなか腹黒いものをお持ちでしたw

でもしかし、彼女ははっきりとした声でこう言いました――わたし、2年後くらいに結婚するって自分でわかるんですよね。

彼女は占い師でもないし、ちょっとイッチャッテル人でもありません。すがるような思いで恋愛ハウツーを読み、実践してきたなかで、なにが本当に自分の人生を支えてくれるものなのかを、自分で知ったということでしょう。純粋さって、生命力、つまり心の底から「生きたい」と思える力のことです。(ひとみしょう/文筆家)

(ハウコレ編集部)

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.