恋愛情報『重い女と愛しい女は紙一重!愛され彼女が必ずやっている「重いこと」』

重い女と愛しい女は紙一重!愛され彼女が必ずやっている「重いこと」

2018年5月16日 17:00
 

目次

・ 1.本当は彼に心を開いていないんじゃない?
・2.感情ダダ漏れの重い女は愛される
・おわりに
重い女と愛しい女は紙一重!愛され彼女が必ずやっている「重いこと」


こんにちは、コラムニストの愛子です。

重い女だと思われたくなくて、彼に本音を言えずにいる女性って多いのではないでしょうか。嫉妬しても言わずに我慢したり、もっと連絡してほしいと思っていても言えなかったり。

だけど、人間なんて本音を剥き出しにすれば誰でも少しは重たいもの。とことん本気で付き合ったら、一切重くないなんてありえないと思うのです。重たいけれど、それが愛しさにも繋がる。むしろ彼氏に溺愛されている女性ほど、けっこう重たい言動をしていることも多いです。そう考えると、愛しい女と重い女は紙一重なのかも。

では一体、ただの重い女になってしまう場合との違いは何なのでしょうか。今回はそれを一緒に考えてみましょう。

■ 1.本当は彼に心を開いていないんじゃない?

ただの重い女になってしまうときって、自分の思いをぶつけているようで、本当は彼に心を開いていないというケースが多い気がします。

例えば「私以外の女の子と二人きりで遊ばないで」と彼に言ったとします。言葉ではハッキリと自分の気持ちを伝えていますが、「嫌だ」「悲しい」「大好きなあなたを独り占めしたい」そんな生身の感情が、ちゃんと言葉に乗っかっていないことってあるのです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.