恋愛情報『バチェラー・ジャパン的「恋愛で勝ち負けを意識する」と、ろくなことにならない理由』

2018年8月6日 17:00

バチェラー・ジャパン的「恋愛で勝ち負けを意識する」と、ろくなことにならない理由

目次

・恋敵への勝ち負け、恨みつらみで疲弊します
・弱い自分を責め続けると、無気力かつ卑屈になります
・弱い自分は無理に勝とうとしなくて良い
・恋愛においては負かす相手はいない方がいい
バチェラー・ジャパン的「恋愛で勝ち負けを意識する」と、ろくなことにならない理由


バチェラー・ジャパン、すごく人気だそうですね。一人の男をかけて何十人もの女性が競い合う。

そんなシチュエーションは現実には起こらないものの、恋敵へのあからさまな足の引っ張り合いは、現実でも見たことのあるようなリアルもののようです。

この世の中には競争原理が働いています。控えめで奥手な女性よりも、積極的で蠱惑(こわく)的な女性の方が、恋愛市場において恋人を作りやすいのは間違いないでしょう。

その競争原理ゆえに、普段からわたしはあの女には勝った、負けたとある種の「勝敗」を意識している女性も少なくありません。

しかし、僕はどんな状況にあっても恋愛に「勝ち負けの概念」を持ち込むべきではないと考えます。

■恋敵への勝ち負け、恨みつらみで疲弊します

一番わかりやすいのは恋敵。恋人がいない人にとっては、自分以外の全ての女性は恋敵になる可能性がありますね。

またすでに彼氏のいる人でも、もしかたら彼の職場の仕事のできる女上司やかわいい後輩、彼氏の元カノが恋敵になることもあるかもしれません。

いずれの場合にせよ、彼との関係が近しい女性を目の敵にして「わたしの方が恋人にふさわしいわ」とか「ぐぬぬ、目の上のたんこぶめ」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.