恋愛情報『正直めんどい・・・。そんなときも、彼に嫌な思いをさせない「上手な断り方」』

2018年8月22日 11:00

正直めんどい・・・。そんなときも、彼に嫌な思いをさせない「上手な断り方」

目次

・■迷わずバッサリ!はトラブルの元
・■ポイント1.やりたくなくても「迷う素振り」を見せる
・■ポイント2.「ごめんね」と、申し訳なさそうに断る
・■「代替案」があれば彼も納得してくれやすい
・■公平にしたいなら「交換条件を出す」という方法も
・■絶対イヤ!と思うものははっきり伝えたほうが今後のため
・おわりに
正直めんどい・・・。そんなときも、彼に嫌な思いをさせない「上手な断り方」


「買い物してきてほしい」「掃除を手伝って欲しい」といった「ちょっとしたお願い」を彼からされることは多いものです。しかし、彼女としては彼の要望に応えてあげたいものの、「(たとえ正当でも)個人的にしたくない」「気が乗らない」ということもあるでしょう。ただ、「彼の機嫌を損なうかも」「嫌われちゃうかも」と思ってなかなか断りづらい・・・という女性も多いと思います。

彼の要望が「それはちょっと道徳的・常識的におかしくない?」というものなら、当然のこととして断れますが、彼のお願いに問題はないけど、自分が個人的にやりたくない、という状況だからこそ、断りづらいのかもしれません。今回は、彼からのお願いを上手に断る方法をご紹介しましょう。

■■迷わずバッサリ!はトラブルの元

前提として「やってはいけないこと」をご紹介。「イヤ」と一言で切り捨てたり、「えーやだ」とだるそうに断ったりするのは避けましょう。彼にこびる必要はありませんが、このような断り方では彼もムッとする可能性ありなのでNGです。

■■ポイント1.やりたくなくても「迷う素振り」を見せる

上手な断り方のポイントのひとつが「迷う素振り」を見せることです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.