恋愛情報『ケンカしたほうがうまくいく。でも「私の推し」の笑顔を曇らせたくなかった【トイアンナのしくじり恋愛】』

2018年10月5日 17:00

ケンカしたほうがうまくいく。でも「私の推し」の笑顔を曇らせたくなかった【トイアンナのしくじり恋愛】

目次

・「ちゃんと」ケンカをする尊さ
・ささいなことも、ゆくゆくは離婚にだって繋がる
・離婚後にわかる、ケンカの重要さ
ケンカしたほうがうまくいく。でも「私の推し」の笑顔を曇らせたくなかった【トイアンナのしくじり恋愛】


こんにちは、トイアンナです。「ケンカするほど仲がいい」とはもう使い古されたフレーズもいいところですが、最近この言葉をひしひしとかみしめています。彼氏とケンカするからです。

■「ちゃんと」ケンカをする尊さ

私と彼の喧嘩は、いつもこんな風に進みます。1.不満を溜めた方が「何でこんなことするの!」とキレる2.そんなつもりじゃないもん!と相手が言い返す3.数時間ワーワーやり、どちらかは泣く4.一緒にパピコを食べる5.仲直りする

絵に描いたようなしょうもないケンカです。「パピコ食べて仲直りするなら、最初からパピコ食えばいいじゃん。どうせ腹が立つのはお腹がすいてるからでしょ?」というご指摘もそのとおり。けれどそれでも、ケンカをする意義があると感じています。というのも私、これまで付き合った相手とはほとんどケンカができない女だったからです。

ケンカをするのはカッコ悪い。私はどこかでそう思っていました。「ケンカじゃなくて話し合いができるのがいいカップルでしょ」とも。しかし冷静に見せかけた話し合いは、実のところ「私の方が論理的に正しい」「いや俺の方が」と互いの正論で殴っているだけのことがあります。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.