恋愛情報『好きな人にも彼氏にも♡「隙」の狭さを上手に調整して愛されまくるコツ』

2019年2月7日 11:00

好きな人にも彼氏にも♡「隙」の狭さを上手に調整して愛されまくるコツ

目次

・■彼だけに「ノリ」が良いか、誰ともすぐ遊ぶか
・■「弱さ」を見せる頻度や相手を選んでいるか
・■希少価値の高い「セクシー」になっているか
・■「恋愛観」に彼だけに向けた愛情が見えるか
・■おわりに:「隙」は「好き」なんだ!
好きな人にも彼氏にも♡「隙」の狭さを上手に調整して愛されまくるコツ


どうもあかりです。

よく「隙があるとモテる」って言われますが、これには私も異存なしです。

でも、「隙」で大切なのは、隙の「狭さ」だということを忘れないでほしい。

「隙」の「狭さ」が不十分(=広すぎる)だと、それは「隙」じゃなくて「穴」になる。かんたんに言うと、「好きな男子の前でだけブラ紐がチラ見えしたらそれはかわいいけど、みんないる飲み会でパンツもろ出しで座ってたら、それは誰も魅力的と思わないでしょ?」ってことです。今日は、「隙」と「穴」の違いについて、4つの場面を通して解説していきます。

■■彼だけに「ノリ」が良いか、誰ともすぐ遊ぶか

この「ノリ」という視点から隙の狭さを判断するには・好きな人と積極的にデートに行く人なのか・みんなと気軽に遊ぶ人なのかのどちらのパターンなのかを見ることが大切です。

前者のパターンだった場合、誘った方としては、「ああ、俺だから、デートOKしてくれてるのかな?」って特別感があって嬉しいし、だからこそこれを「隙」と意識する。

逆に、SNSや噂話でいろんな男とデートしてたり、飲み会とかで不特定多数の男子とイチャついてるのを見聞きすると、「この子は俺に対して好意があるというより、もともとそういうノリの子なんだな」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.