恋愛情報『なぜ「人は見た目が9割」なのか?外見コンプレックスとサヨナラする方法』

2019年6月8日 09:00

なぜ「人は見た目が9割」なのか?外見コンプレックスとサヨナラする方法

目次

・「外見か?内面か?」という低次元の議論
・「見た目”だけ”の美しさ」には限界がある
・外見は中身の一番外側の部分
・内面に集中すれば外見のコンプレックスが消える
・もしもあなたが見た目で悩んでいるなら
なぜ「人は見た目が9割」なのか?外見コンプレックスとサヨナラする方法


突然ですが、あなたは自分の「顔」に自信はありますか?

即答で「YES!」と反応したなら、この記事は読む必要がありません。

でも、「イ、イエ、、いや、の、NO?」とちょっとでも迷いが出たなら、ぜひ読み進めてみてください。

恋愛においてとても大きな影響力を持つ「自分の外見に対するイメージ」。

今日はあなたの「外見」そのものに対するイメージを変えてみたいと思います。

■「外見か?内面か?」という低次元の議論

「美人は三日で飽きる」「人は顔ではなく中身だ」

よく聞くセリフですよね。友人同士の会話でも「顔か中身か?」の議論をした(聞いた)ことがあるでしょう。

しかし、僕は「顔か中身か?」という議論はものすごく次元の低い議論だと考えています。

そう思うのは僕が20代の時に「中身が顔だ」「顔が中身だ」と徹底的に教育されたからです。

■「見た目”だけ”の美しさ」には限界がある

確かに、世の中には「見た目の良し悪し」で評価が変わる世界があります。

男性も女性も「美しいこと」で、本来の評価以上の評価がされることがある、という事実があることは認めます。

しかしその「見た目の美しさ」による評価には限界があります。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.