恋愛情報『嫉妬は恋愛の重要なスパイス!男心のくすぐり方と暴走の止め方』

2019年10月8日 08:00

嫉妬は恋愛の重要なスパイス!男心のくすぐり方と暴走の止め方

目次

・嫉妬とは
・嫉妬の意味
・嫉妬とやきもちの違い
・嫉妬してしまうのはなぜ
・女が恋愛で嫉妬してしまう心理
・自分に自信がない
・愛されている実感が足りない
・過去の裏切りがトラウマ
・男が恋愛で嫉妬してしまう心理
・他の男に負けた気になる
・独占欲や支配欲
・片思いの恋愛で上手に嫉妬心をくすぐるには

・彼を立てつつたまに他の男に頼る
・他の男の話をしてでも〇〇君は特別と本人にいう
・隠し事はしないけど話さない部分をもつ
・嫉妬で暴走しそうな気持ちを止める方法
・過剰な嫉妬は彼に嫌われるのを理解する
・嫉妬に支配されると視野が狭くなるのを自覚する
・友達や男友達に気持ちを話す
・過去に嫉妬で失敗したことを思い出す
・嫉妬の感情をなくすには
・自分磨きで自分に自信を持つ
・好きな気持ちを分散する
・恋愛上手は嫉妬を上手く使うが嫉妬に支配されない
嫉妬は恋愛の重要なスパイス!男心のくすぐり方と暴走の止め方


「嫉妬」という言葉に対してネガティブなイメージを持つ方は多いのではないでしょうか。嫉妬は恋愛を壊してしまうこともありますが、男性にとっては嫉妬や束縛を見せられることで「俺って愛されている」と彼女の気持ちを強く感じられる場合もあるのです。嫉妬はときに恋愛において重要なスパイスにもなりますが、大事なのは使い方です。今回は、嫉妬とどう付き合っていくか、うまく嫉妬を活かして男心をくすぐっていくかについて解説します。

■嫉妬とは

嫉妬は恋愛の重要なスパイス!男心のくすぐり方と暴走の止め方


嫉妬することはダメなように思われていますが、決してそんなことはありません。恋愛以外でも嫉妬という感情は芽生えるもの。仕事や勉強において同僚に嫉妬するときもあると思います。嫉妬は男同士、女同士でも芽生えますが、その「なんで私じゃないのか」「私だってああなれるはず」という感情は向上心にもつながるんです。

私たちが恋愛以外で嫉妬する場合、外国人に嫉妬することは比較的少なめです。たとえば、ある売れている歌手を見た時に「大して可愛くないのにズルい。あの程度なら私だってなれる」と思って嫉妬することはあっても、アメリカの有名歌手を見て「私も同じようになれたかもしれないのに」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.