恋愛情報『「察する」ができない彼氏。長続きのために「宣言女子」になろう』

2020年5月21日 21:00

「察する」ができない彼氏。長続きのために「宣言女子」になろう

目次

・■心の中の「寂しい」は言葉に出さなきゃ伝わらない「察して」のパイオニア~さみしい~
・■彼の「どこ行きたい?」の意味は「彼女の好きなところで楽しんでもらいたい」そういうことじゃないんだぞ~どこ行きたい?~
・■イライラしたら「伝えること」をサボらないで~イライラ~
・■おわりに
「察する」ができない彼氏。長続きのために「宣言女子」になろう


どうもあかりです。片思いの彼や、今の彼氏に「なんで分かってくれないの?」と思うことはありませんか?

でも、察してもらうのを待つよりも、大事なことがあります。それは、自分が当事者になって恋愛をしていたり、また、当事者から話を聞いたりしていて強く思うのが「わかりやすい人」でいること。これって大きな価値だなん、ということです。

とくに男子は女子の「察して」を本当に苦手としています。て、これが原因でケンカなどのトラブルになってしまうカップルは星の数ほど見てきました。

ということで今日は、「『「察して女子』」からとっとと卒業して、意見を言える『「宣言女子』」になろうぜ」をテーマに、女子として、とくにお付き合いをしている相手の男子に対して気持ちをわかりやすく伝えてあげる(宣言してあげる)べき場面や方法についてご紹介しまです。不満の原因を「ぼーっとしている彼のせい!」と思っている人も、自分にできることが見つかるかもしれません。

■■心の中の「寂しい」は言葉に出さなきゃ伝わらない「察して」のパイオニア~さみしい~

男子が苦手な「察して」の筆頭といえば、「寂さみしい気持ち、気づいてよ」という例のパターンです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.