恋愛情報『あなたはどっち?結婚を「してもいい人」と「しないほうがいい人」』

2020年5月22日 17:00

あなたはどっち?結婚を「してもいい人」と「しないほうがいい人」

目次

・結婚は「しなくてもいいもの」になった
・「とりあえず保留」でも全然OK
・子ども産むなら早いほうがいいのでは・・・?
・「なんとなく結婚」でも全然OK
・結婚してもいい人、結婚しない方がいい人の違い
あなたはどっち?結婚を「してもいい人」と「しないほうがいい人」


「結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私は、あなたと結婚したいのです」

少し前にゼクシィが掲げたキャッチコピーが話題を呼びました。

僕らの親や上司の世代とは違い、僕らは「結婚してもしなくてもいい時代」に生きています。

それに加え、事実婚・夫婦別姓・選択的シングルマザー(夫はあえて作らず子どもだけ作る生き方)・ポリアモリーなど様々な恋愛観・結婚観が出てきて、もう何が何やらです。

だからこそ余計に悩んでしまうことはではないでしょうか。「わたしは本当に結婚したいのか?」と。

■結婚は「しなくてもいいもの」になった

これまでの時代の結婚は、ざっくり言うと「とりあえずするものだからする」ものだったと言えます。

就活と一緒ですね。みんながやってるからわたしもやる。というやつです。

しかし結婚はいまや「みんながやるもの」ではなくなりました。では「わたし」はどうしたらいいのでしょうか?

残念ながら、そこに正解はありません。というかこれからの10年間ぐらいで「いろいろな正解」が生み出されていくことでしょう。

それだけ夫婦のあり方やパートナーシップの形が多様化し、再定義されていく傾向にある時代なのです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.