恋愛情報『「嫁になるかどうか」が判断基準の男子。その「決め手」とは?』

2020年5月23日 07:40

「嫁になるかどうか」が判断基準の男子。その「決め手」とは?

目次

・家事が得意!家庭的な女性が好み
・最期を看取ってもらいたい
・結婚まで考える男性は、とにかく信頼できる
・結婚まで考えて恋する男性が、別れを考える瞬間
「嫁になるかどうか」が判断基準の男子。その「決め手」とは?


こんにちは。沙木貴咲です。男性は、女性に比べると結婚に対する感覚が鈍いと見られがち。でも、彼女を選ぶ時に、「妻になるかどうか?」を基準にする男性がいるんです。そういうタイプは、何を『決め手』として恋人を選ぶんでしょうか?

■家事が得意!家庭的な女性が好み

筆者は女ながら結婚願望が希薄なほうだったので、知人男性が「大学の頃から、結婚できる相手かどうかで彼女を決めている」と話すのを聞いて、とても驚きました。女性であれば、年齢が若くても彼氏を夫候補と見る人は少なくありませんが、男性が二十歳前後で結婚を考えるとは、思いもしなかったんです。

でも、こういう堅実なタイプは結構いるらしく、決して珍しくないようです。恋愛と結婚を直結させて考える男性は、つねに一定数いて、遊びのワンナイトラブには興味ナシ。「相手が見つかったなら、いつ結婚してもいい」と、結婚願望も強めだったりします。

この場合、そもそも家庭的な女性が好みで、家事が得意なことが付き合いたい決め手になることが多い様子。料理や掃除が手際よく、金銭感覚もしっかりしている女性には、「良い妻になりそう」と期待するのでしょう。

■最期を看取ってもらいたい

結婚できる女性としか付き合わない男性の中には、「自分の最期を看取ってもらいたいと思えるかどうか?」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.