恋愛情報『上手く気持ちが伝わらない!彼氏との口論で使える「愛ある意見」の伝え方』

2020年5月28日 18:00

上手く気持ちが伝わらない!彼氏との口論で使える「愛ある意見」の伝え方

目次

・彼氏がイライラする原因は「言い方」にあった
・あなたが否定と命令をすると、必ず反発されます
・ケンカは、先に謝まれる方が人格者
・彼の「無駄に高いプライド」を愛してあげよう
・まとめ:仲直りにおすすめの言い回し・3つ
上手く気持ちが伝わらない!彼氏との口論で使える「愛ある意見」の伝え方


あなたは、彼とちょっとした口論になった時、自分の気持ちを上手に伝えられなかったり、相手が自分の気持ちを理解てくれなかったりして、嫌になったことはありませんか?

そんな時多くの人が「彼とは相性が悪いのかも」「価値観が違うのかも」と思い、別れを連想してしまうようです。でも、これは単に、相手への伝え方に問題があるケースも非常に多いのです。

今回は、彼をイライラさせない、愛のある意見の伝え方をお伝えします。

もし、これを試してみてもダメだったら、改めて別れるかどうかをご自身で検討してみてください。

■彼氏がイライラする原因は「言い方」にあった

彼の反発を招いてしまう意見には共通点があります。

例えば、次のようなセリフを彼に言ってしまったことはありませんか?

「もっと〜したほうがいいよ」「そういう言い方はやめてよ」「〜してくれるって言ったじゃん」

これらに共通するのは、すべての言葉の中に「支配しようとする」イメージがある、ということです。

これらは全て、自分の思い通りにならないことに関して、彼に「なんであなたは私の思い通りにならないんですか?」と聞いている言葉なのです。

そんなこと言われて、「失礼しました。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.