恋愛情報『綺麗な思い出に!「いい女だったな...」と思われるための別れのルール』

2020年5月30日 14:00

綺麗な思い出に!「いい女だったな...」と思われるための別れのルール

目次

・1.別れ際に「ありがとう」と伝える
・2.ツンデレで別れ話をして、引き際はあっさり
・3.別れるときも、思いやりを忘れない
・4.別れたら連絡を取らない
・おわりに
綺麗な思い出に!「いい女だったな...」と思われるための別れのルール


こんにちは、コラムニストの愛子です!

彼と険悪なムードが続き「もう付き合っていくのは無理」と感じることってあると思います。またこちらは修復を望んでいても、「彼は別れるつもりかも」と察しがつくこともあるでしょう。

そんなとき、別れてからも「いい女だった」と彼に思われたくありませんか?キレイな思い出として残りますし、のちに復縁のチャンスも上がります。今回はそんな方におすすめの方法をご紹介します。

■1.別れ際に「ありがとう」と伝える

「別れ際に不満ばかりぶつけられると、それまでのいい思い出まで汚れてしまう。俺の心変わりが原因で別れることになったのに、最後に『ありがとう』って言ってくれた元カノのことは、今でもよく思い出すよ。いい女だったと思う」(29歳/男性/不動産)

「終わり良ければすべて良し」という言葉もあります。どんなにケンカしても、最後の印象が良ければ「いい女」のイメージが強く残ります。最後に言ってやりたいことがたくさんあるかもしれませんが、「ありがとう」の一言で終わらせたほうが賢明かもしれません。

■2.ツンデレで別れ話をして、引き際はあっさり

「元カノは気の強い子だったから、最初は『別れてせいせいする』って言っていた。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.