恋愛情報『上手に距離を縮めよう!「迷惑なワガママ」と「かわいいワガママ」の違い』

2020年6月5日 20:00

上手に距離を縮めよう!「迷惑なワガママ」と「かわいいワガママ」の違い

目次

・1.「お礼」を忘れない
・2.簡単なお願いを過剰に表現
・3.「○○してくれたら嬉しいな」
・4.「一緒に○○しよ?」
・おわりに
上手に距離を縮めよう!「迷惑なワガママ」と「かわいいワガママ」の違い


「男性はどんなワガママでも大好き!」なんて思っていませんか?それは間違い。男性にだってされて嬉しいワガママと、むしろ迷惑なワガママがあるのです。

気になるカレに、「可愛いワガママ」でアピールすれば距離が縮まるはず。そこで今回は、男性がゼッタイに喜ぶ「女性のワガママ」について紹介致します。皆さんもぜひ、参考にしてみて下さいね!

■1.「お礼」を忘れない

「『買い物行くから付き合って~』と突然呼び出され、荷物持ちやらなんやらでヘトヘトに。でも最後に『○○来てくれて楽しかった。ありがとね!』と笑顔で言われると、頑張って来たかいあったなって幸せな気持ちになります」(21歳/学生)

連れまわすだけ連れまわして「じゃあね~」と何も言わずに帰ってしまったら、カレは「俺はただの都合の良い男なのか・・・」と思ってしまうかも。カレの気持ちだって報われません。

何かワガママを言った場合は、その分の「ご褒美」をカレに与えるように。アナタの可愛い笑顔で、カレを癒してあげちゃいましょうね。ちょっとしたお菓子なんかを後から渡すのもおすすめですよ!

■2.簡単なお願いを過剰に表現

「色々なワガママに答えてあげていると、何だか自尊心が満たされます。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.