恋愛情報『無理にいい女を目指しすぎない。カレの「都合のいい女」にならないために』

2020年6月22日 12:40

無理にいい女を目指しすぎない。カレの「都合のいい女」にならないために

目次

・■ワガママを言わない女として振舞う
・■重くない女として振舞う
・■相手に求めない女として振舞う
・■仕事に理解がある女として振舞う
・■彼にとっての「都合の悪い女」をめざせ!
無理にいい女を目指しすぎない。カレの「都合のいい女」にならないために


「都合のいい女」。女性がもっとも恐れるフレーズですよね。好きだから、彼の願望を叶えたい。そう思って彼にとって聞き分けのいい女でいるうちに、「都合のいい女」へと変化していく、というのがよくあるパターンなのかも。ここでは、一見したところ都合のいい女には見えないものの、実は彼にとっての「隠れ都合のいい女」の、4つの振舞いをご紹介します。

■■ワガママを言わない女として振舞う

「彼を困らせないようにと、絶対にワガママを言わなかった。会いたいとか、どこそこに行きたいとかも。そのせいで、デートのドタキャンも、私にはお金を使わないのに自分の浪費はし放題。我慢し続けて“いい女”として振舞っていたら、あっさりと他の女に乗り替えられた。しかも、新しい彼女は“あれ食べたい”とか“今すぐ迎えに来て”とか言うワガママ女だと知って大ショック・・・」(20代/学生)

彼に嫌われたくないからと、彼にすべて合わせてしまっている女性は、「隠れ都合のいい女」かも。嫌なことを嫌と言えなかったり、デートの場所や休日の過ごし方など、すべてを彼に任せていると「つまらないけど暇なときに会える女」として扱われてしまいます。結局ワガママ女子に奪われてしまうくらいなら、適度にワガママを言うことも大切です。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.