恋愛情報『「内縁の妻」が遺産の分配を主張してきた…支払う義務はあるの?』

2017年2月16日 20:30

「内縁の妻」が遺産の分配を主張してきた…支払う義務はあるの?

1月、俳優の松方弘樹さんが入院先の病院で息を引き取りました。公私共に破天荒な生き方は、まさに「昭和のスター」という名にふさわしく、惜しむ声が多数あがっています。

そんな松方さんは離婚した2人の妻との間にできた子どもと、それ以外の女性が産んだ子ども計6人存在しているそう。2度目の妻・仁科亜季子さんと別れたあとは、内縁の妻と暮らしてきたと報じられています。死後、遺産の分配がどうなるのか注目されているようです。

・Q.「内縁の妻」は遺産の分配を受けることができる?
・A.分配はできません。ただし生前贈与や遺贈は可能です
一般人ではなかなかこのようなケースはありませんが、「内縁の妻」として故人をサポートしてきたのなら、遺産を手にする権利はあるようにも思えます。この場合内縁の妻が分配を受けることができるのか。遺産相続に詳しい高島総合法律事務所の理崎智英弁護士に見解を伺いました。

Q.「内縁の妻」は遺産の分配を受けることができる?

「内縁の妻」が遺産の分配を主張してきた…支払う義務はあるの?

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

A.分配はできません。ただし生前贈与や遺贈は可能です

「結論からいうと、内縁の妻には遺産を相続する権利が一切ないので、遺産を分配する必要はありません。すなわち、相続人の資格は、法律上決まっていて、配偶者や子ども、親、兄弟姉妹等一定の親族は相続人になることができるのですが、内縁の妻は親族にはあたらないので、相続人にはなることができないということになります。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.