恋愛情報『生活が苦しいので前妻に養育費の減額を頼みたい…そんなのってアリ?』

2018年4月4日 12:06

生活が苦しいので前妻に養育費の減額を頼みたい…そんなのってアリ?

目次

・Q.毎月の生活が苦しく、前妻に養育費の減額をお願いしたいのだが、可能ですか?

・A.単に生活が厳しいというだけでは不可能です。「事情の変更」があった場合のみ認められます
生活が苦しいので前妻に養育費の減額を頼みたい…そんなのってアリ?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先日ある掲示板に、既婚女性と思われる人物から「旦那が再婚で前妻に養育費を払い続けている。こっちの生活が苦しいので、なんとか減額をお願いできないものか。」という書き込みがありました。

この投稿者によると、離婚時の慰謝料は払い終えているそうですが、毎月の生活が厳しく、なんとか養育費を減額してもらいたいのだそう。

掲示板では離婚が『この女性による不倫略奪婚なら許せない』という厳しい意見と『減額してもいいのでは』という擁護の声で揺れているようです。

実際のところこのようなことは可能なのでしょうか?高島総合法律事務所の理崎智英弁護士に見解を伺いました。

Q.毎月の生活が苦しく、前妻に養育費の減額をお願いしたいのだが、可能ですか?

A.単に生活が厳しいというだけでは不可能です。「事情の変更」があった場合のみ認められます

「離婚時に一度決めた養育費の金額の減額を求めるためには、当事者間で合意できない場合、家庭裁判所に対して「養育費減額調停」を申し立てる必要があります。

養育費の減額が認められるためには「事情の変更」が必要となります。

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.