恋愛情報『結婚記念日に不倫された!慰謝料の増額はできる?』

結婚記念日に不倫された!慰謝料の増額はできる?

2018年4月1日 15:26
 

関連リンク

・一人暮らしの彼氏の「これ浮気してるかも」ポイントとは?
・「あ、俺のこと好きなのね」気になる彼に好きバレしちゃう女性の言動
・「結婚しない」と言っていたのに…森泉さんの電撃結婚報告のワケ【恋占ニュース】


『結婚記念日』は、夫婦にとって大切な日ですよね。そんな日に、パートナーが浮気をしていたら…考えるだけで腹立たしいですよね。

浮気・不倫が原因で離婚する場合、慰謝料を請求することができるのは当然ですよ。

では、それが結婚記念日や誕生日など、大切な日だったら慰謝料を増額することはできるのでしょうか?

 

虎ノ門法律経済事務所池袋支店の齋藤健博弁護士に聞いてみました。

 

 

不貞行為を原因とする不法行為に基づく損害賠償請求は、発生原因が重要です。どんな不貞行為の態様なのか、お泊りなのか、一度きりなのか、継続的なものなのか、離婚すると偽ってきたものなのか…これらを証拠で確定することになります。

実は、ここで気をつけなくてはいけないことがあります。これは、『破綻の抗弁』という反論があるということです。慰謝料とはそもそも、目に見えない精神的損害を、金銭的賠償を図る性質のものです。そうすると、円満な夫婦かどうかが問題になります。

円満な夫婦に浮気相手がズカズカと入り込んできたら…?それは、賠償額が大きくなるでしょう。しかし、冷えていたら?夫婦関係が破綻していたなら、そう、賠償額は大きくならないのが現実です。これを、破綻の抗弁といいます。

ならば、増額できる?というより、減額されてしまう要素につかわれてしまうかもしれません…。

 

しかし、まだあきらめる必要はありません。

記念日だということが明白なのに、あえて浮気相手が、旦那を誘ってきていたら…?そんな証拠が出てきたら…?

これは破綻とは無関係といえるでしょう。むしろ、増額要素になるでしょう。なぜなら、精神的損害の増長がみとめられるからですね。

ちなみに慰謝料は、やはり離婚にまで至ってしまうと大きく増額できるのです。

離婚に至らない場合、150万円程度が上限値といえましょうが、これを下回ることもありえます。しかし、離婚にいたれば、この倍額もありえます。

 

不倫への慰謝料は、ケーズバイケースといえるでしょう。精神的苦痛がどれほどか、というものによるからです。夫婦関係が円満にも関わらず、結婚記念日のような特別な日に不倫相手と会っていた場合、その分傷つきますよね。その傷の深さが認められれば、金銭的な賠償として請求することができます。

 

*弁護士監修・執筆/ 虎ノ門法律経済事務所池袋支店齋藤健博弁護士(弁護士登録以降、某大手弁護士検索サイトで1位を獲得。LINEでも連絡がとれる、超迅速弁護士としてさまざまな相談に対応。特に離婚・男女問題には解決に定評。今日も多くの依頼者の相談に多く乗っている。弁護士業務とは別の顔として、慶應義塾大学において助教も勤める。)

 

*取材・執筆・編集/アシロ編集部

*画像

pixtaより使用

画像はイメージです

結婚記念日に不倫された!慰謝料の増額はできる?はシェアしたくなる法律相談所で公開された投稿です。

結婚記念日に不倫された!慰謝料の増額はできる?はシェアしたくなる法律相談所で公開された投稿です。

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.