恋愛情報『『経血量が増えた!?』婦人科を受診して判明した疾患に…→「手術で楽になった」』

『経血量が増えた!?』婦人科を受診して判明した疾患に…→「手術で楽になった」

目次

・Uさんの場合……
・どんな治療を受けましたか?
・世の女性陣へ伝えたいことは?
・違和感があるときは早めに婦人科へ
『経血量が増えた!?』婦人科を受診して判明した疾患に…→「手術で楽になった」

体に異常を感じても、婦人科へ行くのは勇気がいるもの。

ついつい後まわしにしてしまう方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、「婦人科疾患に気づいたきっかけエピソード」をご紹介します。
監修者:ひなたクリニック院長、三橋 裕一
1964年生まれ。福島県会津若松市出身で2007年に札幌でひなたクリニックを開業。
産婦人科医の傍ら、総合格闘技のリングドクターとしても活動。
新事業の『内診台を使用したVIO脱毛』に日々奮闘中。

Uさんの場合……

20代後半に市の助成で子宮がん検診を受けたとき、初めて子宮筋腫があることを知りました。


特に症状がなかったため様子見となりましたが、30代後半になると経血量が増え、貧血もひどくなりました。

ここ数年婦人科を訪れていなかったことを反省し再検査を受けると、子宮筋腫が増えていて、なおかつ大きくなってることが判明しました。

どんな治療を受けましたか?

治療の選択肢としては、閉経まで鉄剤を服用する対処療法と筋腫自体を取る方法がありました。

私の場合、鉄剤の錠剤が体質的に合わず、筋腫を取る方法を選択。

疑似的に閉経状態にする薬を1ヶ月半飲んで筋腫を小さくし、その後腹腔鏡手術で取り除きました。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.