2015年8月18日 12:00|ウーマンエキサイト

人生の必須科目は「有酸素運動」! あなたが認知症にならないために、いまやるべきこと

目次

・「運動」と「認知症」との関係性
・ストレッチやヨガではだめなの?
・将来、あなたが「認知症」にならないために…
人生の必須科目は「有酸素運動」! あなたが認知症にならないために、いまやるべきこと

©pathdoc -Fotolia.com


生活の中にはやるべきこと優先順位があります。仕事の中で、または家庭の中でやるべきことに順位をつけて日々こなしていく。その中で、「運動」はあなたの優先順位のどの位置にあるでしょうか? 

ランニングやウォーキングをしようと思いながら、日々の忙しさや疲れ、面倒くささに負けてしまい、運動の優先順位を下げている方が多いかもしれません。そう、アラフォー世代の女性たちが継続できないのが、ジム通いやランニングなどの運動、いわゆる「有酸素運動」です。

実はこの有酸素運動こそが、あなたが将来、認知症になることを食い止めてくれる、とても重要なテーマであることをご存じでしょうか。

脳機能を専門とする研究者として、声を大にして伝えたい! 「運動は、人生において “必須科目” である」と。自由にしたいことを選ぶ「選択科目」ではありません。今、始めなければ、今、習慣にしなくてはいけない「理由」があるのです。では、わかりやすくご紹介していきましょう。

「運動」と「認知症」との関係性

運動といってもここでお伝えするのは有酸素的な運動です。有酸素運動とは、“運動能力を評価する「最大酸素摂取量」の60%~75%の運動を30分以上行う運動” のこと。年齢によって多少異なりますが、アラフォーの場合は心拍数が130前後となる程度の運動、となります。

この有酸素運動を日常的に行うことによって、脳に2つの効果があるとされています。

人生の必須科目は「有酸素運動」! あなたが認知症にならないために、いまやるべきこと

©drubig-photo -Fotolia.com


まず、記憶に関わる脳の部分「海馬」の萎縮が防止されること。もうひとつは、有酸素運動によって「脳由来神経栄養因子(BDNF)」という、脳の神経の再生を促すタンパク質が増加するということです。

そしてこの2つの効果が認知機能の低下を防ぎ、記憶力の向上が期待できるのです。わたしはこの話を尊敬する恩師、半場道子先生(現在 福島県立医科大学医学部)に伺い、そのまま走って家に帰ったほど刺激を受けました。
政岡ゆり
政岡ゆりの更新通知を受けよう!
確認中
政岡ゆり
政岡ゆりの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
政岡ゆり
政岡ゆりの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
政岡ゆり
政岡ゆりをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
政岡ゆり
政岡ゆりの更新通知が届きます!
フォロー中
政岡ゆり
政岡ゆりの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着ビューティまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.