子育て情報『【100均】冷凍庫内は「仕切る」&「立てる」が正解◎【冷蔵庫収納】』

【100均】冷凍庫内は「仕切る」&「立てる」が正解◎【冷蔵庫収納】

目次

・100均の収納ケースと仕切り板を準備!
・肉&魚はフリーザーバッグからタッパー収納に切り替え
・スペースを仕切り、ケースに立てて収納でキレイ!
冷凍庫収納


余ったご飯や肉に魚、ストック食材などを保存するなら、やっぱり日持ちする冷凍保存が安心! とはいえ冷凍保存が増えるほど、冷凍庫内はカオスな状態になりがちですよね……。

冷凍庫内は「仕切る」&「立てる」収納を意識することで、保存している食品を管理しやすくなりますよ♪

今回は、YouTubeで100均のおすすめ品や、100均アイテムを使った収納テク、模様替えアイデアの動画を公開している森の家さん(@mori_ie)が実践した、冷凍庫の収納方法をご紹介します。

100均の収納ケースと仕切り板を準備!

前回ご紹介した森の家さんの野菜室収納と同様に、今回使用する収納アイテムもすべて100均! ダイソーとSeriaの商品を組み合わせて収納します。

冷凍庫収納


①メッシュバスケット(CDサイズ)オフホワイト/ダイソー
②ネームバスケット ディープ/Seria

③ナカヤ化学産業 K400 しっかりパックY/Seria

④アイデア仕切り板 白/Seria

冷凍庫収納


④の仕切り板は好きなサイズに折ることができるので、各家庭の収納スペースに合わせてピッタリの仕切りを作ることができます。

肉&魚はフリーザーバッグからタッパー収納に切り替え

森の家さんはもともと、肉と魚をフリーザーバッグに入れて保存していたそうですが、③のタッパーに移し替えて省スペース化を実現!

タッパー収納にすることで、すべて同じサイズで統一されるため並べやすく、「立てる収納」が可能になります。

冷凍庫収納


冷凍庫収納


厚みのある鶏肉などを入れる際は、タッパーに入るサイズに切っておくか、もう少し厚みのあるタッパーを用意すると良さそうです。 

スペースを仕切り、ケースに立てて収納でキレイ!

冷凍庫内に、上記でご紹介した①〜④のアイテムを設置したら、食材を配置していきます。

森の家さんは、冷凍庫の上段に仕切り板を設置、下段に収納ケースを設置したそうです。

冷凍庫収納


仕切り板を使えば、アイスなどのこまごまとした食品のサイズに合わせてスペースを自在に変更できます。

事前に移し替えた肉&魚のタッパーや、冷凍食品、うどんなど、立てられるものは立てて収納するのがポイント。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.