子育て情報『厚労省が妊婦さん向けのコロナ対策リーフレットを作成!その中身は?』

厚労省が妊婦さん向けのコロナ対策リーフレットを作成!その中身は?

目次

・妊娠への影響など押さえておきたい情報を集約
・感染が妊娠に与える影響
・日頃の感染予防
・働き方
・感染の疑いがあるときや罹ったときの具体的な対策も!
・一般的な注意点
・発熱などがある場合
・働いている妊婦さんについて
妊婦さん


厚生労働省は、令和2年4月1日に新型コロナウイルス感染症に対して不安を抱えている妊婦のさんへの対策をとりまとめ、公表しました。今回は、そのなかの1つ、妊婦さん向けに配布されるリーフレットの詳細をご紹介します。

妊娠への影響など押さえておきたい情報を集約

最初のページには、感染が妊娠に与える影響・日頃の感染予防・働き方について、基本的なことが書かれています。

感染が妊娠に与える影響

現時点では、妊娠後期に新型コロナウイルスに感染したとしても、経過や重症度は妊娠していない方と変わらず、胎児の異常や死産、流産を起こしやすいという報告もないことから、妊娠中でも過度な心配はないとしています。

日頃の感染予防

一般的に、妊婦の方が肺炎にかかった場合には、重症化する可能性があるため、人混みを避ける、こまめに手を洗うなど日頃の健康管理を徹底する、①密閉空間、②密集場所、③密接場面、という3「密」が同時に重なるような場所を避けるよう呼びかけています。

働き方

働いている妊婦さんには、ご自身の体調なども踏まえ、時差通勤やテレワークの活用、休暇の取得などについて、勤務先と相談するようにすすめています。

感染の疑いがあるときや罹ったときの具体的な対策も!

リーフレットの次のページには、感染の疑いがある場合や感染した場合の具体的な対応について書かれています。

一般的な注意点

手洗いの徹底、3「密」を避けることに加え、家庭内に感染疑いのある人がいる場合は、別室で過ごすなど接触を避けること、また、タオルや食器の共用は避けるようにすることとしています。

発熱などがある場合

妊婦さんで、風邪の症状や37.5 度以上の発熱が2日程度続く場合や強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合は、早めに帰国者・接触者相談センターに相談するようすすめています。

<妊婦健診の受診について>
濃厚接触したり、感染疑いの家族がいる場合は、妊婦健診受診前にかかりつけ産科医療機関に電話で相談すること、新型コロナウイルスに感染している可能性がある場合は、妊婦健診受診を控え、まずは帰国者・接触者相談センターに電話で相談した上で、かかりつけ産科医療機関に相談するようにとしています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.