子育て情報『正式な病名がついに判明!嘘でしょ…良性の腫瘍って何!?』

2020年8月1日 19:00

正式な病名がついに判明!嘘でしょ…良性の腫瘍って何!?

2017年「んぎぃちゃん」爆誕! 初めての育児に奮闘中です。

んぎまむ160-1


んぎまむ160_2


んぎまむ160-3


んぎまむ160_4


生後11カ月頃、「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」(※1)だと言われ続けていたものが
「類皮嚢胞(るいひのうほう/デルモイドシスト)」(※2)であると判明したんぎぃちゃん。

続けてきた薬類では一切治らず、手術でなければ取れないとの宣告。

この皮膚科ではどうすることも出来ないので、
大きい病院の紹介状を書いてくれるとのこと。

突然のことでパニックになりながらも、

とりあえず紹介状を書いてもらうことに。

(※1)まぶたの縁にあるマイボーム腺(脂質を分泌して涙の蒸発を防ぐ働きを持つ器官)が詰まり、そこにおかゆのような脂肪がたまって、まぶたにコロコロしたしこりができる病気。

(※2)良性の腫瘍で様々な部位にできます。皮膚、汗腺、脂腺、毛などを含む腫瘍で円形、楕円形、のう胞様、円盤型等の形を呈します。治療は外科的に摘除することで、MRI検査などで診断されますが、最終的には摘出した組織の病理検査が必要です。 

著者:イラストレーター んぎまむ
2017年1月18日生まれの女の子、「んぎぃちゃん」を子育て中。イラスト・漫画制作中心の在宅クリエイター。ベビーカレンダーでは、んぎぃちゃんを妊娠中から出産、育児まで怒涛のんぎまむライフを「んぎぃちゃんカレンダー」として連載中。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.