子育て情報『5歳以下はNG?妊婦は?意外と知らないマスクの安心な使い方 総まとめ』

5歳以下はNG?妊婦は?意外と知らないマスクの安心な使い方 総まとめ

目次

・WHOが発表した指針とは?
・マスク使用による乳児への影響とは?
・妊婦さんも注意が必要!
・スーパーコンピューター「富岳」が飛沫検証
マスク暑い


新型コロナウイルスと熱中症予防に注意が必要となった2020年の夏。8月17日には静岡県浜松市で国内最高気温にならぶ41.1度が観測されました。暑さのピークは過ぎたようですが、まだまだ暑い日が続いています。暑いなかでのマスクの使用は迷うことも多いかもしれません。そんななか、WHO(世界保健機関)とUNICEF(国連児童基金)が新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた18歳未満の子どものマスク着用に関する指針を公表しました。

WHOが発表した指針とは?

WHOとUNICEFでは、以下のように子どもを3つの年齢層に分けて指針を示しています。
■5歳以下
通常の状況ではマスクを着けるべきではない。
■6~11歳
感染の広がりや、高齢者などハイリスクの人と交流しているかを考慮して判断すべき。マスクを使う場合は、安全に着け外しできるように大人が注意する必要がある。
■12歳以上
大人と同じようにマスクを着用すべき。他人と1m以上の距離が取れない場合や、地域の広い地域で感染がみられる場合は特に着用が求められる。

また、発達障害を抱えている子どもに対しては年齢を問わず、マスク着用を強制しないよう推奨しています。

なお、厚生労働省は現段階においてこの指針に対する見解を示していません。今後の動向を注視していく必要がありそうです。

マスク使用による乳児への影響とは?

WHOとUNICEFでは、5歳以下はマスクを適切に着用できないことが多い上、他人に感染させる可能性も他の年代に比べて低いとして、着用は不要としています。

日本小児科医会では、
・乳児の呼吸器の空気の通り道は狭いので、マスクは呼吸をしにくくさせ呼吸や心臓への負担になる
・マスクそのものやおう吐物による窒息のリスクが高まる
・マスクによって熱がこもり熱中症のリスクが高まる
・顔色や口唇色、表情の変化など、体調異変への気づきが遅れる
などの理由から、「2歳未満の子どもはマスクの着用は不要、むしろ危険である」という見解を公表しています。

妊婦さんも注意が必要!

妊婦さんは大きくなった子宮によって横隔膜が押し上げられるため、呼吸がしづらくなります。そして、体内の血液量が増加することで心臓への負荷も増加し、動悸や息切れを訴える妊婦さんも少なくありません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.