子育て情報『「えっ…子宮じゃなくて脳の病気!?」生理が1年こないのを放っていたら…』

「えっ…子宮じゃなくて脳の病気!?」生理が1年こないのを放っていたら…

大学生のころ、1年ほど生理がこない時期がありました。痛みがあるわけではなかったので、そのときはつい放置。しかし、社会人になり、やはり婦人科を受診しようと決意しました。すると、生理不順の原因は婦人科系でなく、脳にあったことが判明したのです!

「えっ…子宮じゃなくて脳の病気!?」生理が1年こないのを放っていたら…


1年ほど生理がこなくて婦人科を受診

大学生のころのことです。1年ほど生理がこない時期があったのですが、特に痛みはなく、ずっと放置。しかし、就職してすぐ、「生理不順の原因をしっかり調べてもらおう」と決意し、婦人科を受診することにしました。

すると、診察の結果、生理不順は婦人科系に問題があるのではなく、脳に原因があるかもしれないと言われたのです! ただちに脳外科のある病院を紹介されて、再受診するよう言われました。

検査の結果、脳下垂体腫瘍による高プロラクチン血症という病気が判明。 脳にできた腫瘍によって、正常の下垂体が圧迫され、卵巣の機能を抑えるように働くプロラクチンの分泌が増加し、無月経という月経異常を起こしていることがわかりました。

妊娠・出産を考え、手術を決意

幸い、すぐさま命にかかわる状況ではありませんでしたが、「この先の人生で妊娠・出産を考えているなら治療が必要」との説明を受け、家族や当時から付き合っていた今の夫と相談して、手術を決断。

手術の説明は両親とともに聞いたのですが、主治医の先生からは「脳に栄養を与える最も太い血管が傷ついたりする危険もあります」と、最悪のケースを想定した話もありました。両親に心配をかけてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいに……。

手術に関しては、術後も含めて痛みはさほどなかったです。手術で取り切れなかった腫瘍もあったのですが、こちらは放射線治療と投薬治療で補うことになりました。2週間ほどで退院でき、その後は自宅療養に。当時は姉と暮らしていたので、入院前も入院後も姉が支えてくれたことがありがたかったです。

治療から約6年後に生理が再開!

そして、治療開始から約6年。やっと生理がくるようになりました! 治療前の期間も含めると約7年ぶりの生理! 正直、驚きました。手術と放射線治療からも数年経過していたので「治療をしたけど、もう一生、生理はこないんだろうな……」と思い始めていたからです。

実は、生理が再開したとき、私はまったく別の病気で入院しており、仕事も休んでいました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.