子育て情報『「お母さんのせいですよ!」初対面なのに保育士がキツすぎる…私の接し方が間違っているの?』

「お母さんのせいですよ!」初対面なのに保育士がキツすぎる…私の接し方が間違っているの?

目次

・保育園で開催される集いに初参加!
・著者:内野みお
「お母さんのせいですよ!」初対面なのに保育士がキツすぎる…私の接し方が間違っているの?


息子が2歳後半ごろ、1年数カ月後に幼稚園の入園を控えていたこともあり、同年代の子どもと関わりを持たせる目的でオープンスペースに通っていました。そんなとき、近隣の保育園が開催する集いに初めて参加したのですが、保育士さんからある言葉をかけられます。

保育園で開催される集いに初参加!


「初対面なのにそこまで言う!?」オープンスペースの保育士さんからかけられた冷静な言葉


「初対面なのにそこまで言う!?」オープンスペースの保育士さんからかけられた冷静な言葉


「初対面なのにそこまで言う!?」オープンスペースの保育士さんからかけられた冷静な言葉


「初対面なのにそこまで言う!?」オープンスペースの保育士さんからかけられた冷静な言葉


ある日、2歳半の息子と私は保育園が開催するオープンスペースに初めて参加。オープンスペースとは、乳幼児やその保護者が在園児に限らず、自由に集まり遊べる場所のことです。おもちゃで楽しく遊んでいた息子でしたが、ほかの子どもが近づくと人見知りを発動! 私にしがみついて離れません。

すると、その場にいたベテラン風の保育士さんが近寄ってきて言いました。「お子さん、いつもこうなの? ママがお子さんにベッタリだからこうなるのよ!」と急に強い口調で言われ、ママ用の休憩スペースに行くよう促された私。「いえ……いつもではないのですが、人見知りなところがあって……」とタジタジになりながら返答するだけで精一杯。保育士さんは息子の様子を見て心配してアドバイスをしてくれたのだと思いますが、親の子どもへの接し方が悪いから、子どもが人見知りになると言われているように感じ、落ち込みました。

その後、息子を連れてそそくさとオープンスペースを後にした私。
その日は落ち込みましたが、「保育士さんが言うことも一理あり、ある程度は子どもから離れて見守る姿勢も大切」という考えも生まれました。それ以来、その保育園のオープンスペースに行くのはちゅうちょしましたが、ほかのオープンスペースには積極的に通いました。半年後、息子は目の届く範囲内に私がいれば、ほかの子どもと一緒におもちゃで遊ぶように。

やがて幼稚園に入園した息子。子どものペースを大切にしてくれる園で、年中の現在は多くの友だちができ、楽しく過ごしています。子どものペースや性格を尊重し、成長を見守ることは大切です。しかし、子どものペースに合わせるだけではなく、時には親から行動を促すことも悪くはないと思いました。

作画/CHIHIRO

著者:内野みお


関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.