子育て情報『これって前駆陣痛?陣痛との見分け方は?前駆陣痛が起きた時の対処法は?』

これって前駆陣痛?陣痛との見分け方は?前駆陣痛が起きた時の対処法は?

目次

・前駆陣痛とは?陣痛との違いは?
・前駆陣痛が来たらどうする?
・まとめ
・関連動画出産ドキュメンタリー(通常分娩)
前駆陣痛のイメージ


出産間近の妊婦さんが突然おなかの痛みを訴え、病院へ……。テレビドラマなどでよく見る出産のシーンですが、実際はそうでもありません。妊娠後期になると自然とおなかが張るようになり、本陣痛が来る前に前駆陣痛が起こります。特に初産婦さんにとっては陣痛がどのようなものかわからないうえ、「前駆陣痛」と「陣痛」って陣痛にも種類があるの?と思うかもしれません。いざというときに慌てないためにも、今回は前駆陣痛について解説したいと思います。

前駆陣痛とは?陣痛との違いは?

前駆陣痛とはどのような特徴があるのでしょうか?ここでは、前駆陣痛と陣痛との違いをお話しします。

●前駆陣痛
前駆陣痛は、妊娠後期に起こる不規則な子宮収縮で、お産の始まりに先駆けて起こる陣痛です。痛みの強さ、長さ、間隔が不規則で、痛みの感じ方には個人差があります。

【前駆陣痛の特徴】
・生理痛や下痢の時の症状に似た感じの痛み
・おなかの張りの強弱が不規則で一定しない
・下腹部が突っ張ったような感覚
・おなかを触ると固く張っているがすぐにやわらかくなる
・圧迫感や不快感がある
・腰痛
・姿勢を変えることで痛みが治まる
・全く症状がない人もいる

など

前駆陣痛は、お産の前兆として起こる不規則な子宮収縮です。前駆陣痛が起こらず本陣痛が来る場合もありますし、前駆陣痛が起きる時期もさまざまです。臨月に入ってからの前駆陣痛は、経過を見ていてもよいですが、妊娠37週未満での痛みを伴うおなかの張りは切迫早産の症状でもあるので、早めにかかりつけ医を受診しましょう。

●陣痛
「陣痛」というのは、「分娩陣痛」といわれるもので、1時間に6回以上、陣痛周期(おなかの張りはじめから次のおなかの張りはじめまでの時間)が10分以内の規則的な子宮収縮のことを指します。陣痛が起こることで子宮の入り口が柔らかくなり、子宮口が開いて、おなかの中の赤ちゃんが下降し、最終的に外の世界に押し出されます。

【本陣痛の特徴】
・生理痛や下痢の時の症状に似た感じの痛みが徐々に強くなっていく
・おなかの張りの強弱が規則的で間隔が徐々に短くなっていく
・安静にしていても収まらない

など

陣痛も最初は前駆陣痛と症状が同じなので、判断がつかないことがあると思います。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.