2014年11月26日 07:00|ウーマンエキサイト

子供を「褒めて伸ばす!」には、褒め方が重要

遠藤光恵
ライター (NPO法人子育てパレット 副代表理事・ベビーマッサージセラピスト・AEAJ認定アロマテラピー)
遠藤光恵
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
最近の子育て方法として、「叱りつけないで、褒めて伸ばす」という方法が提唱され、多くの人から共感を得ています。一般的に褒めて伸ばすことには、以下のようなメリットがあるといわれています。

・叱るだけでは、子どもが委縮してしまい、「怒られるから」ということが物事に対しての一番の理由になってしまう

・褒めて伸ばすほうが、自己肯定感を身に着けることができて、何でも自信を持って取り組む子に育つ

たしかにそうですが、だからと言って、ただやたらと褒めればいいというものでもないようです。具体的にどのように褒めたらよいのでしょうか?
子供を「褒めて伸ばす!」には、褒め方が重要

© milatas - Fotolia.com



■ただ、やみくもに子供を褒めるのは、ちょっとキケン!「すごい!」「よくやったね!」「えらい!」「さすが!」など、とにかく子どものどんな行動に対しても、褒め言葉だけをただ浴びせてはいませんか?

この方法では、自己肯定感は育ちますが、小さいうちから「褒められる」ことに慣れ過ぎて、根拠のない自信も一緒に育ってしまうケースもあるようです。たとえば、「自分は特別な存在なんだ」と勘違いしたり、「クラスメートより自分は優れている」というエゴで他人を見下ろしたり…。そうならないようにするには、褒め方を変えることが必要なようです。

■子供に勘違いさせないためには具体的な内容を褒める!子どもに勘違いさせないようにするには、「子どもの行為を具体的に褒めること」が大切です。どんな行為が具体的によかったのかを言ってあげましょう。たとえば、「ごみを片づけてくれてありがとう」「〇〇の絵が上手に描けたね」などです。

時には、そのプロセスを褒めてあげることも必要です。運動会のかけっこで1等賞になれなくても、「1番になりたい」と思って毎朝走っていたなら、そこを褒めてあげましょう。
遠藤光恵
遠藤光恵の更新通知を受けよう!
確認中
遠藤光恵
遠藤光恵の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
遠藤光恵
遠藤光恵の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
遠藤光恵
遠藤光恵をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
遠藤光恵
遠藤光恵の更新通知が届きます!
フォロー中
遠藤光恵
遠藤光恵の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.