2015年8月25日 05:15|ウーマンエキサイト

子どもを味覚オンチにさせないために 毎日できる簡単なこと(食で心を育む Vol.1)

あまや ゆか
ライター (フリーアナウンサー/ナレーター/ベジフルティーチャー/ごはんソムリエ)
あまや ゆか
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
食で心を育む

食で心を育む

ベジフルティーチャー、ごはんソムリエなどの資格を持ち、「食」への関心も高い、フリーアナウンサーのあまやゆかさんが書く、食と子どもの心にまつわるお話です。食べることは楽しいこと。楽しく食べて、心も体も…

将来、子どもに食の楽しさを存分に味わってもらうために、味覚オンチにはさせたくない! と願うのは、私だけではないはず。でも、毎日の食事で細かいことを気にするのはちょっと大変。では、どうしたらいいのでしょうか。そのヒントは「和食」にあるようです。

子どもを味覚オンチにさせないために 毎日できる簡単なこと(食で心を育む Vol.1)

(c)ごちそうさま - Fotolia.com



和食は、健康的な食事のスタイルということで、欧米からも注目を集めています。肉や乳製品よりも魚や大豆製品など、ヘルシーな食材が多いのが和食の良さのひとつです。

でも、和食の最大のメリットは…「主食がごはんである!」ということ。

ごはんが豊かな味覚と食体験を育む!

ごはんは、どんなおかずとも相性が良く、栄養バランスのとれた食事がしやすくなります。和洋中の様々な味わいにもマッチしますし、お肉などガッツリ系のおかずでも、漬物や味噌汁などあっさり系のおかずでもいけます。刺身定食なんていうのもありますよね。この懐の深さ…、同じ主食でもパンや麺類にはない、ごはんの魅力です。

そしてこれは、ただ栄養のバランスが取りやすいというだけではありません。じつは、ごはんと様々なおかずの組み合わせは、子どもたちにとって大切な「豊かな味覚と食体験を育む」のにとても役立っているんです。

子どものころから、ごはんを基本に、いろいろな食材や、濃い味・薄い味といった多様な味わいを楽しみ、経験することで、繊細な美味しさを感じる味覚が養われます。さらに、その味の経験は、大人になってから年代に応じた食事を選ぶのにも役立ちます。
あまや ゆか
あまや ゆかの更新通知を受けよう!
確認中
あまや ゆか
あまや ゆかの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
あまや ゆか
あまや ゆかの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
あまや ゆか
あまや ゆかをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
あまや ゆか
あまや ゆかの更新通知が届きます!
フォロー中
あまや ゆか
あまや ゆかの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.