2015年12月4日 06:15|ウーマンエキサイト

やっては絶対ダメ!な子どもの叱り方

諸富祥彦
専門家 (臨床心理士・上級教育カウンセラー)
諸富祥彦
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
子どもをきちんとしつけようとして、きびしく叱る親御さんもいます。
しかし、叱り方を間違えると、一生、心に傷が残ってしまいます。実際、3歳から5歳くらいのお子さんを持つお母さんから「私、叱り始めると、つい、止まらなくなってしまうんです。『もしかしたら、虐待では?』と思うこともあって。どうしたらいいですか?」と相談を受けることも少なくありません。

では、子どもの心に「一生心の傷になって残る」リスクのある、「これは、絶対ダメ!」という叱り方には、どのようなものがあるでしょうか?

目次

・クセになった暴力は、絶対ダメ!
・自分の気分次第で叱ったりほめたりするのははダメ


親の叱り方次第では、子どもの心に一生傷が残ってしまうことも

© nixki - Fotolia.com


クセになった暴力は、絶対ダメ!

まず、最悪はこれ。
愛のムチ、という言葉をよく耳にします。「子どものため」を思って行った平手打ちなら、それは教育上意味がある、という考え方です。

けれど、多くの子どもにとって、暴力は、ただイヤな思い出でしかないようです。とくに

・説明もなく、いきなり殴られた時

・たいした理由もなく、親が自分を殴るのがクセになっているのが、子どもから見てもわかる時


こんな時、子どもの心の中には、親に対する不信感が育まれます。自分は親にとって「単に面倒くさい存在」であるかのように感じてしまうのです。

こうやって身につけた不信感はかなり根深いものがあり、その後、どんなに良いことを親が言ったとしても、子どもは素直に聞く気持ちになれません。

とにかく、子どもにとって納得のいかない暴力は、百害あって一利なし。よーく心得ておきましょう。
諸富祥彦
諸富祥彦の更新通知を受けよう!
確認中
諸富祥彦
諸富祥彦の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
諸富祥彦
諸富祥彦の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
諸富祥彦
諸富祥彦をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
諸富祥彦
諸富祥彦の更新通知が届きます!
フォロー中
諸富祥彦
諸富祥彦の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.