「カビと戦う洗濯ママ」 おかっぱちゃんの子育て奮闘日記 Vol.15 

2015年12月17日 06:15
 

Boojil(ブージル) ライター
Boojil(ブージル)


産後1カ月が経過し、検診も終え我が家へ戻ることになった。

実家から帰る日、わたしはお気に入りの赤いワンピースに着替え、
息子は親戚から出産祝いでいただいた、高級ブランド“ラルフ◯ーレン”のロンパースを着せた。

実家ではほとんど寝間着で過ごしていたので、今日くらいお洒落をして新生活をスタートさせたい。
晴れ晴れしい気持ちで実家を後にし、東京へ戻った。



これからは両親の助けなしで家事をこなさなくてはならない。

お料理、掃除、洗濯。そして、わたしはイラストレーターとして仕事もしているので家事、育児、仕事を全て両立しなくてはいけない。
夫はサラリーマンだし、日中は一人でやるしかない。

う~む、息子のためだ!少々の不安は置いといて、楽しく頑張れるだろう!

さっそく始まった新生活。梅雨真っ只中の時期だった。
子どもが産まれて間もなく、家事の中で一番変化があるものそれは…。洗濯物の量である。

赤ちゃんは汗っかき! 着替えさせては洗濯かごへ。
あぁ、またミルクをこぼしたよ~。着替えさせて、またもや洗濯かごへ。今度はお漏らし!? はいは~い。着替えさせて、更に洗濯かごへ。

こんな感じで朝から晩まで洗濯物は増えていき、
気づいた時には、洗濯かごは一晩で山盛りに…。

そんなことになっているご家庭はたくさんあることだろう。
我が家の洗濯物も見事増え、毎朝洗濯機をまわしている。

洗濯機と同じリズムでグルグルとスピードを上げて過ぎていく日々。あぁ、わたしの母もこうして毎日洗濯をしてくれていたのだなあ。実家から離れた途端、母への感謝が止まらない。

カゴから洗濯物を拾い上げ、一枚一枚干していく。
すると、何かがおかしい…。


新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.