2016年3月2日 13:00|ウーマンエキサイト

背中の筋肉を鍛えて、姿勢の良い子どもに育てよう

子育ての達人
ライター
子育ての達人
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
赤ちゃんは生まれて6ヵ月~10ヵ月頃になると、ハイハイをする準備を始めます。この頃になると、腹ばいにしたときに首を持ち上げてきますので、そうしたら背中の筋肉の力を高める訓練を始めることで、姿勢良く育っていきます。

目次

・赤ちゃんの背中の筋肉を鍛えよう
・背中の筋肉の力が弱いと姿勢が悪くなる


赤ちゃんが生後6ヵ月~10ヵ月にさしかかり、腹ばいにしたときに首を持ち上げられるようになったら、背中を反らす訓練をして、背中の筋肉を鍛えてあげよう

© Gribanov - Fotolia.com


赤ちゃんの背中の筋肉を鍛えよう

赤ちゃんが生後6ヵ月~10ヵ月にさしかかり、腹ばいにしたときに首を持ち上げられるようになったら、背中を反らす訓練をして、背中の筋肉を鍛えてあげましょう。

背中の筋肉が弱いと、成長してから背骨が曲がって姿勢が悪くなったり、すぐに疲れてしまったり、物を長い時間持っていられないなど、体力の低下にもつながってしまいます。

背中を反らすことで背中の筋肉を鍛えるためには、赤ちゃんが腹ばいになった状態で訓練を始めます。まず、赤ちゃんが腹ばいになったところで背中から手を回し、両手を軽くつかんで左右に伸ばしてあげてください。

両手を伸ばしてあげると、赤ちゃんは自分から体を起こして背中を反らそうとします。これを2回~3回繰り返すだけです。これだけで、赤ちゃんの背中の筋肉を十分鍛えることができます。

この訓練はあまり長くやり過ぎてはいけません。赤ちゃんが疲れてしまうからです。背中を反らす時間は長くても10秒ほどにして、それを2回~3回、毎日行えばそれで十分です。

また、赤ちゃんが腹ばいになっている状態で、脇の下を両手でサポートしたまま空中にそっと持ち上げてあげると、赤ちゃんは宇宙遊泳でもしているかのように一生懸命身を反らそうとします。これも赤ちゃんにとっては楽しい経験になると共に、背中の筋肉を鍛える、よい運動になります。
子育ての達人
子育ての達人の更新通知を受けよう!
確認中
子育ての達人
子育ての達人の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
子育ての達人
子育ての達人の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
子育ての達人
子育ての達人をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
子育ての達人
子育ての達人の更新通知が届きます!
フォロー中
子育ての達人
子育ての達人の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.