2016年10月11日 20:00|ウーマンエキサイト

子供のおやつの食べ過ぎを防ぐ。今日から始めたい5つの対策法

子どもはおやつが大好き。ときにはごはんをろくに食べずに「おやつー!」と泣き叫ぶことも。厳しく禁止するのではなく、なるべく自然な形で、おやつの食べすぎ、栄養の偏りを防ぐ方法を紹介します。

目次

・食べてもいいおやつを用意
・ごはんをおやつっぽく演出
・「デザート」と呼んで食後に
・料理のお手伝いをさせてほめる
・たまには「おやつ自由の日」もつくる


子供のおやつの食べ過ぎを防ぐ。今日から始めたい5つの対策法

© lunamarina - Fotolia.com


■食べてもいいおやつを用意

子どもが園や学校から帰宅して、晩ごはんまで時間があるときや、ママの支度が間に合わないとき、休みの日や外出中に子どもが小腹をすかせたときなどに、まずおやつを食べさせているママは多いはず。

食べすぎを防ぐには、量を制限する方法もありますが、子どもは何度も「おかわり」といいますし、どれだけ食べたか管理するママも大変です。

たとえ、すでに晩ごはんの支度ができていても、帰宅後はまずおやつを食べないと気が済まないのが子どもというもの。栄養の偏りを防ぐには、おやつの量を制限するより、おやつの内容を見直す方が近道です。

まずは、糖分が多すぎるお菓子類や塩分の多いスナック類を日常的に買うのを控えましょう。そのかわりに、小さなおにぎりや茹でたとうもろこしなど、子ども受けがいい軽食を用意しておきます。

市販品なら、チーズやおせんべい、干しイモ、小魚、ドライフルーツ、野菜チップスなどもおすすめです。

■ごはんをおやつっぽく演出

おやつ好きでごはんを嫌がる子どもは、「おやつは楽しいけど、ごはんは楽しくない」と思っている可能性が。おやつの楽しさや見た目のかわいらしさを食事にも取り入れてみると、ごはんの時間も好きになってくれるかもしれません。

たとえば、野菜やハムをゼラチンや寒天でかためてゼリー風にしたり、ミートボールやミニトマトを串に刺しておだんご風にしたり…。ごはんやチキンライスをココット皿などでプリンのように型抜きするのも効果的です。
二条しおり
二条しおりの更新通知を受けよう!
確認中
二条しおり
二条しおりの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
二条しおり
二条しおりの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
二条しおり
二条しおりをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
二条しおり
二条しおりの更新通知が届きます!
フォロー中
二条しおり
二条しおりの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.