2016年11月11日 11:00|ウーマンエキサイト

専業主婦から三児の母がミセス日本グランプリを受賞した理由

ウーマンエキサイト編集部
ライター
ウーマンエキサイト編集部
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。

目次

・華やかな学生時代から一転、ママ生活で社会から隔離された気分に
・自分で自分の首を絞めていた日々からの解放
・時間はあるものじゃなく、つくるもの
・バレトンは運動がニガテな人ほど楽しく始められる
・自分磨きを続け、ミセス日本グランプリを受賞
・ママの幸せが家族の幸せ
専業主婦から三児の母がミセス日本グランプリを受賞した理由
2015年のミセス日本グランプリ(30代の部)に選ばれた、バレトン講師で3人の子どものママでもある、城山珂奈見さん(写真右)。近ごろ二子玉川で行われた「VERY Fes.2016」にも出展され、取材でお話をするまでは、その華やかなご経歴からそもそも庶民の私とは違う、優雅な人生をお過ごしなのだろうと思っていました。

しかし、実際のkanamiさんはほかのママと同じように悩み、幸せに生きる道を探していたひとりの女性でした。

華やかな学生時代から一転、ママ生活で社会から隔離された気分に

kanamiさんは、3歳のころからバレエを始め、北京のバレエ専門学校へ留学した経験があります。大学時代はチアリーディングに興味を持ち、有名球団のチアリーディングをしていた時期もあります。

その後、25歳で結婚。妊娠がわかったと同時に、いっさいの運動をやめてしまいました。
1人目の出産後は、なにもかもがはじめての体験。子育てで頭がいっぱいになり、自分のことを考える余裕はありませんでした。
そして2人目の出産を終え、1人目にも前ほど手がかからなくなったある日、ふと自分の姿を見て、こう思ったそうです。

「私、このままこんな感じで人生終わるのかな?」
「子供が成人するまで20年、このまま生きていくのかな?」
「同年代の友達はバリバリ働いて輝いているのに、私はこのまま老いていくのかな?」

自分で自分の首を絞めていた日々からの解放

自分の心のなかだけでは収まりきれなくなった不安を、思いきってご主人にぶつけてみたところ、

「ママがママの時間を作っちゃいけないなんてルールはないよ。時間をやりくりすればいいんじゃない?」

と言われ、ハッとしたそうです。
それまでkanamiさんは、「ママは子どもために尽くすもので、自分が楽しむための時間を持つなんて、いけないこと」だと信じて疑わず、さらに子どもを外に預けるなど、もってのほかでした。でもそれが、知らず知らずのうちに、自分自身でかけた制限になっていました。
ウーマンエキサイト編集部
ウーマンエキサイト編集部の更新通知を受けよう!
確認中
ウーマンエキサイト編集部
ウーマンエキサイト編集部の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
ウーマンエキサイト編集部
ウーマンエキサイト編集部の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
ウーマンエキサイト編集部
ウーマンエキサイト編集部をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
ウーマンエキサイト編集部
ウーマンエキサイト編集部の更新通知が届きます!
フォロー中
ウーマンエキサイト編集部
ウーマンエキサイト編集部の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.