【子役名鑑2017】テレビで人気のあの子は誰?

2017年5月19日 12:00
 

yumiko ライター
yumiko

「子役」の演技に泣いた、笑った、感動した! ということや、「子役」が見たくてドラマを見つづけたことがある、ということはありませんか。

毎年新しい「子役」が現れ、誰だろうと思うことや小さかった「子役」が成長した姿を見て驚いた、ということもあるでしょう。

目次

・ドラマ「母になる」息子 柏崎広(こう)役のふたりの子役たち
・CM「Y!mobile」SIM太郎役の子役
・ドラマ『下剋上受験』佳織役の子役
・老若男女に愛される「NHKドラマ」注目の子役たち
・見逃せない! 2017年話題の演技派子役
2017年、今後の活躍が期待できる子役

(c) Slava_Vladzimirska - Fotolia.com



そんな「これからが楽しみ」「このまま見つづけていたい」と思わせてくれる今後の活躍が楽しみな、気になる子役たちをまとめてみました。

ドラマ「母になる」息子 柏崎広(こう)役のふたりの子役たち

■吉武歓(よしたけ・かん)男の子

2012年2月21日生まれ セントラル所属
・TVドラマ
日本TV『母になる』
TBS『砂の塔』
NTV24時間テレビドラマスペシャル『母さん、俺は大丈夫』
関西TV『GTOお正月スペシャル』
・雑誌広告
花王『メリーズパンツ』
たまごクラブ・ひよこクラブ(通販コスメ)2013年7月号など

『母になる』出演の吉武歓くん。かわいいと評判です。ドラマの仕事から認知度も高まり、仕事が増えていく可能性もあります。期待の高まる子役のひとりでしょう。
吉武歓くんプロフィール(セントラル)


■道枝駿佑(みちえだ・しゅんすけ)男の子

2002年7月25日生まれ ジャニーズ事務所所属
・TVドラマ
日本TV『母になる』
・映画
『関西ジャニーズJr.のお笑いスター誕生』
・舞台
『少年たち 世界の夢が…戦争を知らない子供たち』
『ANOTHER & Summer Show』
・コンサート
関西ジャニーズJr.として多数出演

2014年11月にジャニーズ事務所に入ったという道枝駿佑くん。プロフィールを見ると芸能界に入り、1年もしないうちに舞台の仕事を始めています。ジャニーズ事務所のタレントは多才な子も多いので、これからどんな才能がみられるのか楽しみですね。



CM「Y!mobile」SIM太郎役の子役

■早坂ひらら(はやさか・ひらら)女の子

2011年10月8日生まれ テアトルアカデミー所属
・TVドラマ
日本TV『天才!バカボン2 ~世界にひとつだけの家族~』
NHK『真田丸』第25回
日本TV『天才バカボン ~家族の絆』など、多数出演
・映画
『横道世之介』
・CM
CM『Y!mobile』
ライオン『ソフラン』
協和『ふわりぃランドセル』など

CM『Y!mobile』SIM太郎役のあの子はだれ?と思った方もいるのではないでしょうか。あのSIM太郎は早坂ひららちゃんという女の子でした。『天才バカボン』でハジメちゃん役も演じています。これからもびっくりさせてくれる役柄を演じていくのでしょうか。
早坂ひららちゃんプロフィール(テアトルアカデミー)



ドラマ『下剋上受験』佳織役の子役

■山田美紅羽(やまだ・みくう)女の子

2005年11月14日生まれ ベリーベリープロダクション所属
・ユニット
『ミラクルキャンディーベリー』2016年4月~
・TVドラマ
TBS『下剋上受験』
テレビ朝日スペシャルドラマ『瀬戸内少年野球団』など
・映画
『母と暮らせば』
『ボクの妻と結婚していください』など
・他、舞台・CM・雑誌など、多数出演

『下剋上受験』で素直な心の優しい「佳織」役を演じた山田美紅羽ちゃん。4人組アイドルユニット『ミラクルキャンディーベリー』として活動中。ホームページによると「平成のアイドルユニットが昭和の良きテイストを織り交ぜながら活動を開始する」とあります。どんなユニットになるのか、これからの活躍にも注目ですね。
『ミラクルキャンディーベリー』ウェブサイト



老若男女に愛される「NHKドラマ」注目の子役たち

NHKの大河ドラマや朝ドラからは、過去にもたくさんの子役が人気者になっています。

NHKは子どもからお年寄りまで幅広い方たちが見ています。そのなかでひときわ目をひく存在になれば、人気子役の座も間違いないでしょう。

■新井美羽(あらい・みう)女の子

2006年9月17日生まれ スマイルモンキー所属
・TVドラマ
NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』
テレビ朝日『家政夫のミタゾノ』など、多数出演
・映画
『謝罪の王様』など
・CM
AGF『ブレンディコーヒー』など、多数出演

多くのドラマやCMに出演している新井美羽ちゃん。『おんな城主 直虎』では直虎の幼少期「おとわ」を演じました。事務所のホームページには「乗馬(かけあし)」が得意とあります。だから、おとわ役では馬に乗るシーンも上手にこなしていたんですね。

原田知世さんとのAGF「ブレンディコーヒー」のCMでは女の子らしい表情ものぞかせています。これからも仕事の幅を広げ、お茶の間を楽しませてくれそうです。
新井美羽ちゃんプロフィール(スマイルモンキー)



■藤本哉汰(ふじもと・かなた)男の子

2003年7月14日生まれ ジョビィキッズプロダクション所属
・TVドラマ
NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』『平清盛』
日本TV『家政婦のミタ』、『明日、ママがいない』など、多数出演
・映画
『ひまわりと子犬の7日間』
・CM
セイバン『天使のはね』モデルロイヤル2011年版など

『おんな城主 直虎』では、おとわの許嫁(いいなずけ)である「亀之丞」役を演じた藤本哉汰くん。優しくてかわいい表情が病弱な役にはまっていました。ほくろが印象的なイケメン候補です。
藤本哉汰くんプロフィール(ジョビィキッズプロダクション)



■小林颯(こばやし・かい)男の子

2005年11月12日生まれ キャロット所属
・TVドラマ
NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』
NHK放送90年大河ファンタジー『精霊の守り人』
関西テレビ『嘘の戦争』など、多数出演
・映画
『呪怨―ザ・ファイナル―』、『呪怨―終わりの始まり―』
『脳男』など
・CM
富士通『Tech Shop篇』
ベネッセ『小学1年生』など、多数出演

『おんな城主 直虎』ではおとわの幼なじみ「鶴丸」役を演じた小林颯くん。映画『呪怨』では存在感のある「としお」役も演じていました。公式ツイッターによると、将来はアクションもできる俳優を目指しているとか。これから、どんな風に成長していくのか楽しみです。
小林颯くんプロフィール(キャロット)



■宮原和(みやはら・かなう)女の子

2004年11月10日生まれ キャロット所属
・TVドラマ
NHK連続テレビ小説『ひよっこ』
テレビ朝日スペシャルドラマ『瀬戸内少年野球団』
NHKEテレ『エイゴビート』、NHKBS『花咲くあした』など、多数出演
・映画
『潔く柔く』
・舞台
『真夏の夜の夢』

『ひよっこ』で、主人公みね子の妹「ちよ子」役を演じています。ドラマ、映画、舞台と幅広く活躍してるようです。
宮原和ちゃんプロフィール(キャロット)



■高橋來(たかはし・らい)男の子

2009年2月4日生まれ テアトルアカデミー所属
・TVドラマ
NHK連続テレビ小説『ひよっこ』、『まれ』
テレビ朝日『アイムホーム』など、多数出演
・映画
『海賊と呼ばれた男』
・CM
永谷園『すし太郎 パーティ<ハロウィン篇>』
大正製薬『ヴィックスヴェポラッブ 塗るかぜ薬篇』など

『ひよっこ』で、主人公みね子の弟「進」役の高橋來くん。『アイムホーム』放送前の番組宣伝でよく見かけました。その頃よりも少し大きくなり「進」役を自然に演じています。
高橋來くんプロフィール(テアトルアカデミー)



見逃せない! 2017年話題の演技派子役

■住田萌乃(すみだ・もえの)女の子

2008年3月29日生まれ ジョビィキッズプロダクション所属
・TVドラマ
NHK連続テレビ小説『マッサン』、NHKBSプレミアム『奇跡の人』
日本TV『視覚探偵 日暮旅人』、『明日、ママがいない』など、多数出演
・映画
『湯を沸かすほどの熱い愛』
・CM
SHARP『プラズマクラスター』
花王『リセッシュ』『キュキュット』など

ハキハキとした話し方が印象的な住田萌乃ちゃん。『マッサン』の「エマ」役では、画面のこちら側が釘付けになってしまうほどの演技力で、バツグンの存在感でした。
住田萌乃ちゃんプロフィール(ジョビィキッズプロダクション)



■横山歩(よこやま・あゆむ)男の子

2008年7月31日生まれ テアトルアカデミー所属
・TVドラマ
日本TV『スーパーサラリーマン左江内氏』
NHK『あなたにドロップキックを』
テレビ朝日『はじめまして、愛しています』
日本TV『ドクターカー~絶対絶命を救え~』、『ぼくのいのち』
TBS『マザー・ゲーム~彼女たちの階級~』
NHK連続テレビ小説『花子とアン』
NHK『サイレント・プア』など、多数出演
・映画
『星ガ丘ワンダーランド』
『おかあさんの木』
・CM
アース製薬『アース渦巻香』
コカ・コーラ『アクエリアス』

『花子とアン』では病気で亡くなってしまう「あゆむ」役を熱演。かわいらしさと切ない演技が、多くの人の胸を打ちました。

『はじめまして、愛しています』では、親に捨てられ施設で暮らす「ハジメ」役に挑戦。里親制度となる新しい両親との暮らしのなかで、変化する気持ちの過程や切なさなど繊細な心の葛藤を表現していて、引きこまれる演技でした。横山歩くんが出演するドラマは、これからも要チェックです。
横山歩くんプロフィール(テアトルアカデミー)



2017年もたくさんの子役が注目されています。気になるかわいい子役、将来が楽しみな子役、縁起が光る子役。お気に入りの「子役」の今後の活躍に期待です。

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.