「子どもの失敗が許せない」ママに必要なこととは?【子どもが伸びる「アドラー式子育て」3】

2018年3月14日 07:00
 

コバヤシカヨ ライター
コバヤシカヨ

目次

・「子育ての悩み=自分に対する悩み」だった!
・「イライラする」自分を受け入れるためには
・ママが弱音をはきたくなったら
「子どもの失敗が許せない」ママに必要なこととは?【子どもが伸びる「アドラー式子育て」3】
「何回言ったらわかるの?」「やめなさいって言っているでしょ!」
言うことを聞いてくれない子どもについイライラ。

「いい母親になりたい」そう願いながら、「は~、また怒ってしまった…」と、後悔する日々を送るママは少なくないでしょう。そんなママに、1万5000人以上のママを勇気づけてきた原田綾子さんは「立派なママにならなくていい」と話します。

「自分から行動できる子」を育てるには? 【子どもが伸びる「アドラー式子育て」1】
「子どもをほめる」ことの副作用にご用心!【子どもが伸びる「アドラー式子育て」2】の続きです。

「子どもが伸びる『アドラー式子育て』」のラストは、疲れていることにさえ気が付かずに、子育て、家事、仕事にがんばるママへの「勇気づけ」のお話です。

■「子育ての悩み=自分に対する悩み」だった!

「子どもの失敗が許せない」ママに必要なこととは?【子どもが伸びる「アドラー式子育て」3】

© hanack - stock.adobe.com


「ちゃんとあいさつしなさい」「まだ着替えていないの?」
毎日のようにイライラして子どもに小言を言ってしまうママも多いことでしょう。

原田さんはこう言います。
「子どもはママの気持ちを映し出す鏡のようなもの。教師時代を含め、これまでにたくさんのママを見てきてわかったことなのですが、子どもにあれこれ言ってしまうママは、子どもの心配をしているように見えて、じつは自分にダメだしばかりしていたり、自信がなかったりすることが多いですね。

自分にコンプレックスがあるから、『こんな私でいいのだろうか?』と、不安に思っている。その気持ちが子どもへの接し方として表れています」

自分に厳しいママは子どもにも厳しくなる。自分の失敗を許せないママは子どもの失敗も許せない。人目を気にして「ちゃんとしなきゃ」と思っているママは、子どもに「ちゃんとしなさい!」と言ってしまう…。と原田さんは指摘します。

■「イライラする」自分を受け入れるためには

「子どもの失敗が許せない」ママに必要なこととは?【子どもが伸びる「アドラー式子育て」3】
「自分に自信がない」そう思っているママは多いのではないでしょうか。原田さんはそんなママたちにこう言います。

「たとえば、『また子どもを叱りすぎてしまった…』と自己嫌悪に陥ることがあるかもしれません。でもそれは、『いつもニコニコしているママ』という理想の母親像を求めているから、そう思ってしまう。『立派なママ』になろうとしなくていいんです」

そもそも人間は不完全なもの。カンペキな母親なんてどこにもいないと原田さんは強く言います。
「まだママ歴●年。毎日、育児に家事、『あたり前』のことを休みなく続けている。その『あたり前』こそ子どもへの愛なんです。

さらに仕事をしているママもいる。まさにママたちはスーパーウーマン! 『不完全なまま子どもと一緒に成長すればいいんですよ』と言いたいですね」

ありのままの自分を受け入れる、というと難しく聞こえるかもしれません。原田さんはこう続けます。
「ママたちこそ自己肯定感を高める“勇気づけ”が、自分自身に対して必要なんです。“勇気づけ”のポイントは、結果ではなく、姿勢や過程に目を向けること。うまくいかないときも、『私、一生懸命がんばっているよね』『次に生かそう』と思うことが大切です。

また、『イライラしてもいいんだよ』『そういうときもあるよね』と自分を勇気づけましょう。夫婦間で“勇気づけ”するのもいいですね」

「子どもの失敗が許せない」ママに必要なこととは?【子どもが伸びる「アドラー式子育て」3】
「ママ自身が自分のことを受け入れられるようになると、子どもはもちろんのこと、パパや友人、職場の人など周りの人を受け入れられるようになります」と原田さんは言います。

ありのままを認めるということは、『この部分はダメだ』と○×をつけて、ジャッジをしないということ。自分(他人)を責めず、不完全な自分にOKを出し、自分を勇気づけましょう。その方がママ自身も気持ちがラクになれそうですね。

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.