2018年6月22日 23:00|ウーマンエキサイト

チャンスを与えるのは親の役目、子どもの「やりたい」を応援してあげて

新宿の母
ライター (占い師)
新宿の母
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
親は子どもに、どうしても期待してしまいます。親心で、しかたのない部分もあるでしょう。

「わが子には、しあわせな人生を歩いていってほしい」、これは誰もが願うことですからね。

チャンスを与えるのは親の役目、子どもの「やりたい」を応援してあげて

© hakase420 - stock.adobe.com



ただ、問題なのは親の考えるしあわせと、子どもの思うしあわせが違う場合もある、ということなの。親子といえども別々の人格。能力や好み、考え方が違っていて当たり前なんですね。

親はどうしても自分の信じる、しあわせの形に子どもを合わせたがります。親が勝手にレールを引いて、この道を行けば絶対にしあわせになれる、と子どもに押しつけてしまうのね。

もちろん、子どもを導くのも親の役目。

「この子のためになる」と思ったことを積極的にやらせてみるのはいいことです。いろいろなチャンスを与えてあげられるのは、素晴らしいことだと思うのよ。

でも、その子が望まないことをムリにやらせるのは親のエゴでしかありません。子どもが興味をもっていることを見つけ、それを伸ばしてあげることが大切なのではないかしら。

とくに、子どもが自分から「やりたい!」といったものは、なるべくやらせてあげてほしいわね。というのも、そこで親が口をはさんでやめさせてしまうと、子どもの意志や責任感を育てるチャンスをつぶしてしまうのね。

物事を自分で決めたからには、最後までやり遂げなければならないし、自分の言葉に責任をもたなければいけません。

親が認めたことだけをやる場合「自分がいい出したことじゃない」「やらされてる」という気分が抜けないため、どうしても甘い考えになりやすいのね。

「途中でやめるのも仕方がない」とか「自分が選んだわけじゃないんだから」など、いくらでもイイワケができてしまうんです。
新宿の母
新宿の母の更新通知を受けよう!
確認中
新宿の母
新宿の母の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
新宿の母
新宿の母の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
新宿の母
新宿の母をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
新宿の母
新宿の母の更新通知が届きます!
フォロー中
新宿の母
新宿の母の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.