子どもの予防接種、忘れていませんか? 1歳になったらすぐに受けたいワクチン【知っておきたい予防接種! 最新ワクチン情報 第4回】

2018年7月15日 20:00
 

コバヤシカヨ ライター
コバヤシカヨ

子どもの予防接種、忘れていませんか? 1歳になったらすぐに受けたいワクチン【知っておきたい予防接種! 最新ワクチン情報 第4回】

©Qiteng T- stock.adobe.com


生後2、3カ月頃は「きちんと予防接種をしなくては!」と、ある程度の緊張感を持っていたママも、予防接種そのものに慣れて接種期間が空くようになってくると、つい「予防接種を受け損ねていた!」なんていうことがあるかもしれません。

ましてや、2人目、3人目…の子どもになってくると悪気はなくても、忘れがちに。そこで、節目となる1歳までに接種するワクチンや1歳になったらすぐ受けておきたいワクチンなどをチェックしてみましょう。

日本小児科学会が発行する「知っておきたいわくちん情報」を参考にして、最新ワクチン情報をお届けします。



■子どもの予防接種「1歳までに接種すべきワクチンをおさらい!」

もうすぐお子さんが1歳というママも、もうお子さんが1歳になったというママも、まずは1歳になるまでに接種すべきワクチンにもれがないか、確認してみましょう。スケジュール表や母子手帳などを参考に、下のチェック表と照らし合わせてみてくださいね。
子どもの予防接種、忘れていませんか? 1歳になったらすぐに受けたいワクチン【知っておきたい予防接種! 最新ワクチン情報 第4回】

日本小児科学会「知っておきたいわくちん情報」No.07「生後1歳に接種するワクチン」より


チェック表には載っていませんが、任意接種のロタウイルスは2~3回のワクチンを生後28週か32週までに接種します。ちなみに、1歳以降に接種することはありません。

毎年秋から冬にかけて接種するインフルエンザを除き、すべてにチェックは入りましたか? もし空欄がある場合は、必要な接種がもれている可能性が高いので、かかりつけの医師に相談しましょう。

■子どもの予防接種「1歳になってすぐに受けたいワクチンは?」

続いて、1歳の間に受けるワクチンを見てみましょう。下の表を参考にしてくださいね。
子どもの予防接種、忘れていませんか? 1歳になったらすぐに受けたいワクチン【知っておきたい予防接種! 最新ワクチン情報 第4回】

日本小児科学会「知っておきたいわくちん情報」No.07「生後1歳に接種するワクチン」より


表を見ればわかる通り、ヒブや肺炎球菌、四種混合などの追加接種以外に、新たなワクチンとして定期接種の麻疹風疹混合(MR)水痘、任意接種のおたふくかぜが増えていることがわかります。

また、1歳になってすぐに受けられるものが多いことにも驚きますね。「こんなにたくさん受けるのは大変!」と思ってしまいそうですが、特に1歳になったらすぐに受けたほうがいいのが麻疹風疹混合(MR)です。

麻疹といえば、今年に入ってから感染者数が急速に増え、ニュースなどで目にしたママも多いでしょう。国立感染症研究所の「麻疹 発生動向調査」(7月3日時点)によると、報告数は4月ごろをピークに減少し、現在も報告はあるものの落ち着いてきているようです。

とはいえ、麻疹は非常に感染力が強い感染症です。自分だけではなく周囲に感染を広げないためにも、1歳になったらすぐに予防接種を受けるようにしましょう。また、小学校入学前にも忘れずに2回目の接種を受けておきたいですね。


新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.